2014年02月14日

元NPO代表、弁護士無資格(非弁提携も)で債務整理=1.4億円脱税容疑で告発−東京国税局〜発覚は営業の失敗などからの仲間割れの可能性からなのか。

 家庭のポストの中に、「債務整理」をうたった「救済センター」というもののチラシなどが入っていることがたまにあります。こういったところは特に弁護士が運営しているわけでもなく、任意団体やどこかの会社が母体になっていたり、NPO法人が運営をしていたりすることがあります。
 
 救済情報の提示や案内のようなファイナンシャルプランナーに準じるようなものであれば、法律上「ファイナンシャルプランナー」の業務が国(厚生労働省)よりお墨付きを受けているわけですから、業務内容がグレーゾーンのようなものでも非合法ではないというのが現状の判断です。

 しかし、提示や案内のようなものを超えて相談→回収業務になればそこから先は、弁護士の資格を持ったものしかできないことになり、違法となります。

 けれども実際問題として、今の弁護士がそういった「債務整理」を行うにあたって、それだけのスキルがあるかどうかは眉唾ものとなります。今の司法試験制度やその後の司法研修を経てはじめて法曹(弁護士)の資格を得たとしても、そう簡単に実務にありつけることが難しく、どこか法律事務所に所属して「実務」を一つ一つ習得して、それから独立開業という運びになるのが普通です。

 今司法試験合格が増員している政策により、弁護士の数が多くなり、弁護士の資格を持っているけど「仕事がない」という弁護士も多くなってきています。

 そのため、弁護士になっても実務を踏んでいないため、「債務整理の実務」ができないとか、かつては仕事を多くもっていたけど、コンピュターができず、ワープロや表計算もできなくて仕事の効率がわるく、仕事が激減している個人事業主である弁護士も少なくありません。

 そういった人たちを救済することもこの「救済センター」のもう一つの顔になります。こういった救済センターをやる人は、法律業務(弁護士)の資格は持っていなくても、消費者金融や貸金業(商工ローンなど)の実務経験が豊富であることもあって、そういったノウハウや回収なども実務上弁護士より優れている部分も否定できません。

 仕事のない弁護士からみれば、そういった「救済センター」に頼らなければ仕事を得ることができないのでどうしても頼ってしまう部分もあることが現状です。一方顧客の方から見てもそういう営業の強い業者が宣伝をしてくれば、敷居の高い法律事務所を差し置いてそちらの方に流れてしまうのも現状です。

 そこからこの「債務整理」の業者「整理屋」の仕事が多くなるという仕組みです。


  当初は合法的にやっていてもどうしても効率が悪かったりすると、「救済センター」の運営者(弁護士無資格)の人が独自にやってしまったりするのかもしれません。それでも関係している弁護士がなんとか「自身でその業務をやった」ということにすれば、「非合法」の部分も発覚しないということになります。


 けれども何か問題が発生したり、その業務事態がうまくいかなくなり「儲け」がなくなれば、最近問題になったゴーストライターが新垣隆氏が全聾作曲家の佐村河内守氏の事を「実は虚偽だった」などと告白するような「仲間割れ」のようなことも発生する可能性が充分にあるかと思います。

 今回の事件は「救済センター」の運営がうまくいかず儲けがなくなってしまったというところに「仲間割れ」のような部分も発生し、その関連からなのか国税当局による脱税の発覚へと結びついてしまったという可能性も充分あるかと思います。
 




ニュース元・資料


posted by 管理人B at 23:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他刑事事件等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式会社クレイジー(東京都足立区東保木間)が民事再生(ゴルフダイジェストニュース)

20140214株式会社クレイジー民事再生ゴルフダイジェストニュース.jpg株式会社クレージー(東京都足立区東保木間;ゴルフシャフト製造販売メーカー)の続報になります。
とても製品等はいいのですが、昨年の保険金詐欺事件が大きく尾を引いているということです。
 ただ何か不祥事(事件)があったからと言って、預金凍結や材料の販売を拒否するのであればそれは、「企業いじめ」に過ぎません。





ニュース元・資料
posted by 管理人B at 20:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフシャフト専業メーカー「クレイジー」(東京都足立区)が東京地裁より民事再生手続き開始決定、負債総額約5億円〜昨年6月前社長らが保険金詐欺で逮捕

 「ゴルフシャフト」とはゴルフクラブの棒の部分の事を指します。
そのゴルフシャフトを製造販売している株式会社クレイジー(東京都足立区東保木間)がこの度東京地裁に民事再生法の適用申請をし民事再生手続き開始決定を受けたとのことです。負債総額は約5億円となっています。
 近年「ゴルフ」関連のあらゆる企業が不況の波を受けており、カントリー倶楽部というゴルフ場においては事業縮小・倒産などが見受けられました。一時バブル期などに「ゴルフ会員権」などが大きく売買されていたものの今ではあまりその話は聞かなくなりました。
 そしてちょうど、ゴルフクラブなどの製造販売を手がけるマルマン(シャスダック上場;ライター製造・禁煙パイポ・元SFGC傘下・舛添要一東京都知事の前妻である片山さつき参議院議員の現夫の片山龍太郎の父である片山豊が創設した企業でも有名)も会計報告書を本日(2月14)迄提出しないと上場を維持できない(上場廃止か)という事態も発生しています。
 このように「ゴルフ」は不景気な時代には真っ先に避けられてしまうようなものであるため、当然ながら不景気の尾をまだ引きずるような今の時期には非常に厳しい経営をどこも迫られているような状況です。

 さらにこの会社は昨年前社長や社員(従業員)が保険金詐欺容疑で逮捕された事件があり、そういったことでさらに信用も失墜している部分が倒産を加速しているのかと思われます。

 「民事再生」というのは裁判所が主導で行う倒産処理の方法の一つです。また「再生」という名前の通り、「再生」して正常な状態に戻る事を目的としているものなので事業は閉鎖することなく、現経営陣が引き続き続投するというものです。経営の見通しが全く立たなければ事業を閉鎖(清算)する方の倒産処理である「破産手続き」を選ぶことになります。
 「民事再生」になる企業は当然ながら、経営の意欲は充分にあるのですが、債務(借金)が期日迄に返済額通りに行えないために、このような法的な援助を求めているわけです。そこから借金を軽減もしくは免除することにより企業が立ち直らせる事を目的であるわけですから、経営危機が来て最初に選択を試みる法的な手段としては「民事再生」がオーソドックスになります。

 ただこういった経緯を見てなにか事件性のようなものがなければいいですが、気になるところです。現社長のもとで再起を期待しています。
 


ニュース元・資料
posted by 管理人B at 19:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和田工業株式会社(化粧品容器等のプラスチック容器メーカー;東京都墨田区)東京地裁へ自己破産申請同日破産手続き開始決定〜敗因は低価格競争による「薄利」期間が多かったので大きな変動に耐えられなかったのではないか。

 「和田工業」というプラスチック容器メーカーがこの度東京地裁に自己破産を申請し同日破産手続き開始決定となった模様です。
 この会社は1932年(昭和7年)に創業とのことなので、82年と歴史ある企業です。
  製品としては、数多くの化粧品メーカーからの依頼で、化粧品のコンパクトを始めとする化粧品用容器を製造している企業です。取引企業もコーセー、資生堂、アイビー化粧品、エイボン・プロダクツ、ファンケル、マンダム、ポーラ化成、花王など日本でも有名メーカーと言われるところが多いです。
 そのような企業が倒産するのはなぜなのか、非常に疑問に思うところです。

 恐らく利益(売上-経費)を考えると、売上の割には経費が多くかかっていて「薄利」の状態がおおかったのではないかと考えられます。経費には設備投資は勿論、従業員の給与もありますので、「黒字」とは言えども利益が少なかったとも見ています。
 なぜ利益が少ない時が長期間あったのか、それは化粧品会社(顧客)の方から、できるだけ低価格の販売を要求され、他の企業との競争を考えるとどうしても価格を値上げするわけにはいかなかったのだと考えられます。
 そういう状況がつづけば、ちょっとした費用の増加に耐えることができず、何かの拍子で「資金繰りがショート」で倒産となりやすかったのではないかと推察されます。
 「なお、現段階において得意先から見込まれる受注もあり、当面のあいだ営業を継続する予定。」と記事にはありますので、恐らくスポンサーが現れ「事業譲渡」で会社の器自体は別会社で継続される可能性があります。こういった企業が倒産になるような環境は日本にとって大きな損失です。「破産」は会社自体がなくなる事を意味することですが、事業が他の会社に移れば事業は継続されることもしばしばあります。




ニュース元・資料
posted by 管理人B at 06:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2014年02月13日












posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。