2014年02月21日

エヌ・エス・アール(株)(宅地造成、不動産販売;東京都中央区)破産開始決定負債総額約1650億円、今年最大級の倒産〜敗因は身の丈以上の融資で派手に事業を展開

エヌ・エス・アールという会社が今年(2014年)1月31日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けました。負債総額は約1650億円となります。もともとの債権届出の元本としては約654億円ということだったのですが「損害金」がさらにのしかかり約1650億円に膨れ上がったということです。

 この会社は「不動産業」という業務にあたりますが、どういった「不動産業」かといいますと、大手金融機関系列の不動産会社(つまり大手銀行が関係しているもしくは銀行の子会社である不動産会社、信託銀行も不動産業を行うことができるのでそういった関係の会社ということになります。)が所有する土地に箱物といえる「建物」を建てて、それをお客に販売するというところを担っている不動産業です。

 不動産でも「土地」に関してはそのまま安くても「資産価値」というものがあるので、他の「箱物」を取り扱う不動産会社に任せれば、土地にも付加価値がついてより高い価格で売れるもしくは賃貸で収益を売ることができます。
 しかし、土地の取得より向こうの工程を担う不動産会社は主に「箱物」について全て責任を持って販売まで行わなければならず、お金が足りない時は金融機関から借りて何年か先の販売した時に返済するというような形になります。そのため、この会社が目論んだとおりの時期に販売がしっかりできれば、利益が大きいですが、売れ残りなどが多くなってしまえば、それだけで融資してもらったお金の「利子」ものしかかるため、目論見が外れれば、大規模な会社であっても即倒産という方向に動いていきます。

 特にこの会社は資本金が1億円とあまり多くないような自己資本とも見られ、その上「バブル期」でのいけいけどんどんのような当社の時期に乗っかり、本来必要とされる何倍もの融資をしたともみられ結局は目論見が外れたから大きなやけどということでこの何千億と言われる倒産負債額が1位と言われるようなところまでの規模の倒産となるというわけです。

 つまり「身の丈に合わない融資で派手に事業を展開してしまった」という事が敗因の結論になります。



 
ニュース元・資料


posted by 管理人B at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MRIインターナショナル疑惑:社長、SECの資産情報開示要求を拒否〜今後は「詐欺罪」での強制捜査も期待。

20140221MRIインターナショナルエドウィンヨシヒロフジナガ社長.jpg 2013年4月に顧客から運用を任されている資金が消失したという事件から約10ヶ月が経過したMRIインターナショナル事件です。

 MRIインターナショナルは実質上「倒産」と言われるような状態となっています。しかし、法的な倒産処理はまだ行われておらず。現時点では「夜逃げの準備段階なのかも」というような状態となっています。
 法的な倒産処理というのはアメリカで言う「連邦破産法の適用申請」というものであり、その内容は日本でいう「破産」や「民事再生」のことを意味しています。

 現時点では会社自体はまだ法律上生きているということなので、訴訟も提起することができ、実際に「返還訴訟」と言われる民事裁判(出資者による)が日本及び現地米国ネバダ州で起こされていました。

 しかし、日本(東京地裁)における訴訟においては、判決で「管轄違い」ということで、この点では「敗訴」という判決となっています。
 その実質的な理由として、今回の事件が日本においてではなく、米国での会社とのやり取りで、実質的な契約の適用管轄(国)は「日本ではない」ということを判示しています。これは裁判管轄が被告MRIインターナショナルの主張する契約時において合意管轄裁判所は「米国ネバダ州」とすることを鵜呑みにしているわけではなく、とにかく「日本の裁判所で判断できるものではない」ということを示しています。

 もし、仮に日本が管轄地であると判断され仮に「勝訴判決」を得た場合、被告から判決内容の賠償を履行することになるわけですが、仮に履行されない場合は、新たな裁判で「強制執行」という方法をとらなければなりません。その時日本に何もとりうる資産がなく、その資産といえるものがアメリカにある場合、日本で判決→強制執行という方法は実現不可能だということがわかるかと思います。

 それは現地である米国で行って判決を得、資産を特定し強制執行も可能ということになるのです。


 そこで今回は、民事裁判とは別のルートの、米国の行政機関といえる「米証券取引委員会(SEC)」が行政執行などの法に基づいて行われている救済策とも言えます。

 基本的な法律内容は日本も米国も類似した部分が多々ありますが、やはり手続きやその運用は大きく違うので、日本での事件を米国で提起するのは非常に猥雑となり動きも非常に鈍くなりがちですが、それでも被害者弁護団が早期に立ち上がり、被害者の会(被害者団)もあとから追って立ち上がり、そして活動は各々独立して行うわけですが、それでも連携が取れている部分もあるなど、そういった成果がアメリカでの難しいとされる活動も、米当局においても積極的に動いているようなので、いかに被害者の会(弁護団や被害者団)のスピードある動きが大切なのかという事が、類似した投資被害事件の「安愚楽牧場」などと比較すれば、MRIの被害者弁護団や被害者団は「先手・先手」が目立つことがわかるかと思います。

 
 
 







ニュース元・資料
posted by 管理人B at 06:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田真央は6位「恩返し出来た」トリプル・アクセル(3回転半)が上位にうなぎのぼり。ソトニコワが優勝/ソチ五輪フィギュア女子フリー最終日

20140221真央は6位「恩返し出来た」ソトニコワが優勝/フィギュア(2).jpg 昨日行われたフィギアスケート女子SP(ショートプログラム)に次ぎ、今日はフリーとなり、昨日との総合得点で順位がきまるという仕組み。

 日本期待の浅田真央選手は、昨日のSPでは、16位と意外な結果となり一時はどうなるのかと心配していましたが、今日のフリーでは自己最高の得点で一時トップに踊りでることができました。当初はひょっとしたら金メダルもしくはメダルの可能性もと新たな期待もしていたのですが、結局6位とメダルこそはとれませんでしたが、昨日と本日の滑走を見ていた人においては、浅田真央の実力をみせてくれたということが本音ではなかっただろうかと思います。
 また同じく出場した鈴木明子選手も28歳というこの種目においては高年齢にも関わらず8位をキープするなど別の意味でもすごさを感じた次第です。
 そして3人目の村上佳菜子選手はまだ途上の人だから次回五輪ではより大きな成長へと期待するところです。


 特に浅田真央選手においては、多くのCMなどで起用されているため、そういった部分の顔も大変にきなったところですが、今回のフリーでの「トリプルアクセル」を見せつけてくれたことで、スポンサーも納得のいく結果と思ってくれているだろうと思います。
 何度かここで「トリプル・アクセル」(3回転半ジャンプ)のことを強調させていただいているのですが、この技を使えるのはかつての選手伊藤みどり(主に長野五輪)と浅田真央だけのようで、まさに「至難の技」です。これが今回フリーで充分に発揮できたことで、すごい上昇得点を得ました。

 とにかくお疲れ様でした。



ニュース元・資料
posted by 管理人B at 05:58| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2014年02月20日




















posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。