2014年04月02日

税率変更…レジ買い替えられず破産 スーパー河治屋(新潟市)〜元々財務内容が弱っているところへの消費税導入コストがおそったということなのか。

 昨日4月1日から17年ぶりの消費税税率改定が行われました。
消費税は税収の中で最も大きな増収を見込める税金です。
 さらに消費税の改定は、「設備投資」を必然的に行うため、そのための「消費」が大きくなり、企業にとって、非常に経費がかかります。
 特に印刷物の変更やレジの税率変更に伴う部分がおおいため企業にとって消費税の改定は非常に大きな悩みの種になります。

 しかし、消費税の改定に耐えられなくなったということで倒産する企業も今回は出てきたということですが、そういった企業においては、もともと倒産の運命にありそこに「震災」のようなものが襲ってきて足腰の弱い企業が足を救われたという結果になったのかと考えらます。




ニュース元・資料


posted by 管理人B at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払い金・貸金法律倒産系/被災被害者の会/社会人サークル情報2014年04月01日










posted by 管理人B at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | twittertokyojinmyaku1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。