2008年09月26日

今後のリプラスの見通し1

株式会社リプラスは、平成20年9月24日東京地方裁判所(通常の担当は東京地裁民事20部)に破産手続きの申し立てをしました。通常経営破綻の場合「破産」という前に「民事再生法」もしくは「会社更生法」という手続きが間に入り、再生を視野に入れた対策をとるのですが、今回のリプラスはそれを通りこして事業を精算するという「破産」ということなので、今まで代表取締役に代わり、裁判所から選任された「破産管財人」という代表取締役に相当する人物が今後の運営を仕切ることになります。「破産管財人」になる資格は法律で制限はありませんが、その内容から通常は「弁護士」の資格を持つものから選任されます。さらに弁護士の中でもその道に明るい人物が選任されることが多いです。


posted by 管理人B at 10:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リプラス 今後の見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。