2008年10月03日

リプラスの労働組合が立ち上がる

情報によると、平成20年10月2日(木)の18時半より約2時間にわたり、東京都港区芝浦にある連合東京にて開催されました。そして執行委員長などの役員が決定し、正式に活動開始が決定された模様。
 今後の活動は労働債権(未払い分の給与)やレントゴー事業(賃貸保証事業)の今後の行方などにつ団体交渉などを行うとのこと。
 また、社内に出回っている情報や上席より言われた情報が一部食い違っているなど、正しい情報が伝達されていないなどの話があり、「正しい情報収集の必要性」を連合東京の事務局の担当者が強く感じたとのこと。正式名称は「連合ユニオン東京リプラスユニオン」。
 労働組合は憲法や労働組合法で保証された「集会結社の自由」にあたるものなので、従業員の方は他に遠慮なく加入する権利を持っています。
 また、組合に加入したことにより不利益・冷遇に扱った場合は、「不当労働行為」にあたり、厳しい処罰の対象となります。(労働組合法)
 ひとりで悩む時間はありません。(え)
  
 
 


posted by 管理人B at 02:33| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | リプラス 労働者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変でしょうが、頑張って下さい。わたしも今度参加します。成功を期待します。
Posted by 関係者 at 2008年10月03日 16:24
とにかく、何もかもが急であり、経営者からの説明もなく放り出されたと感じております。
経営者側の粉飾や隠蔽は、関係セクションの社員からよく聞かされておりましたが、経営責任については今後どの様な展開になるのか、そのままうやむやになるのか注目しております。
Posted by 10月10日までの社員 at 2008年10月19日 19:05
通常倒産は経営者は6ヶ月か1年くらい前には充分認識しているはずで、何らかのアクションをするものです。上場企業であっても、労働組合とかが機能していなければ、社員のかたが経営危機を感じ取るのはとても難しい状況です。それゆえに労使の協調で倒産を回避できることが多いのです。経営責任は破産管財人の弁護士さんが調べて細かい内容を債権者集会で報告してくれると思うのですが、来年の3月で少し先です。利害関係者は事実を知りたいですね。
Posted by 管理人B at 2008年10月20日 13:52
管理人様、コメントありがとうございました。
3月まで遠いですが、待つしかないのでしょうね。
AMに在籍しておりましたので再雇用もなく、現在は再就職に向け努力しておりますが、どこも門前払いの状況です。経営陣に対し雇用に関する支援を求めることはできないものかと思います。
無理かと思いますが、私以外にも困っている人も多いことと考えます。
リプラスは滞納保障だけではありませんので、レントゴーの受け入れ先が決まって、それで終わりとされることはとても辛いです。
Posted by 10月10日までの社員 at 2008年10月20日 17:31
10月10日までの社員様
コメント投稿者は出ていたんですけど、クリックしてもコメントが出てこない現象。今日見たら出ていました。ありがとうございます。

おっしゃっている3月の件ですが、恐らく3月の債権者集会(第一回)のことを言っておられるものと思います。実はその債権者集会の目的は、リプラスの創業からの内容や会社の経理状況などを破産管財人が換価業務(会社の財産をお金に替えること)をしながら、そのお金の流れの状況や破産の原因などを調べた結果を債権者に報告し、どれだけ財産(破産財団)が増えたか、回収できたかを報告するものなのです。したがって、リプラスの従業員だった方について関係することは、未払いの賃金の支払いの見通しと、一般債権の同じような扱いをされるだろう「解雇予告手当」の配当の見通しということになるでしょう。
 したがって、3月になって従業員の再雇用についてはこの日に影響するものではありませんので、もし再雇用をご希望でしたら、随時デジタルチェックか芝に移転するというミカサアセットマネジメント(旧 リプラス・リートマネジメント)に面接をされるとよろしいかと思います。
今回事業譲渡になったのはレントゴーである賃貸保証事業部ということですから、AM(アセットマネジメント)の方は少し状況は席があるというものの不利になるのかもしれません。
 しかし、デジタルチェックの経営者の人たちは恐らくファンドマネージャー関連の方だと予測されますので、ファイナンスなどのご経験があれば、自己都合退職ではなく解雇という経緯も踏まえて、デジタルチェック本社での再雇用の道ももしかしたらあるかもしれません。(現時点では当方の推測でしかありません。)レントゴーも上手く軌道に乗れば雇用のキャパシティが必然的に増えると思います。
 あと力になれるとすれば、破産後出来上がったリプラスユニオンでの活動に参加されることが近道だと思います。
 個人で破産管財人に交渉してもままならないので、労働組合としての活動(主に「団体交渉」)であれば、破産管財人にも要求をうければ誠意を持って団交の席に就く義務を生じますので、その部分に願いを込めるのが近道だと思います。
 解雇や再雇用は、当事者の力関係で労働者の意見を通すことも可能となることが少なくありません。この時期なので再就職も厳しい状況ですが、別の企業の就職と再雇用の両方を視野に入れてがんばってくださればと思います。

 あと余談になりますが、債権者集会は3月4日の第一回で終わらないで次回第二回がその年の9月に行われることも考えられます。破産した企業では、第一回の債権者集会では色々なことが明らかになるので責任問題などが明るみにでることも少なくありません。
Posted by 管理人B at 2008年10月23日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。