2008年10月04日

リプラスの従業員の失業給付の期間(追加)

話によると、リプラスは平成14年9月に創業して平成20年9月までとなると6年間となり、従業員数の増え方から、たいてい該当するのが受給期間(自己都合、会社都合とも最大で)が90日で平均年齢が34歳を考えると同じく45歳までの区分、とお伝えしましたが、新卒採用をしていないことを考えると、それ以前に退職直後に務めていなかった人や、自己都合退職で3ヶ月の待機期間に再就職(リプラス)が決まった人については、失業給付をもらっていないはずになります。そうなると、リプラスの前職での雇用期間によって、前者で申し上げた失業給付の部分は大きく異なります。
 その場合は、失業給付の貰う期間と受給額が約倍額となる可能性が充分にありますので注意が必要です。
 雇用保険給の基本給付の所定給付日数



posted by 管理人B at 15:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | リプラス 労働者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

1000万人以上が、雇用保険を未加入
Excerpt: 派遣社員などの非正規雇用の労働者が増え、1000万人 以上が、失業手当を受け取るために必要な雇用保険に加入 していないことがわかりました。
Weblog: とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!
Tracked: 2008-11-24 12:03
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。