2008年10月09日

(速報)上場リートが初破綻 ニューシティ・レジデンス投資法人

●心配していた。東京証券取引所上場のJリート(不動産投資信託)の倒産第1号がでてしまいました。世間の話からは、やはりリプラスの経営破綻の影響からリプラスレジデンシャル投資法人への不安はありましたが、ここにきてニューシティ・レジデンス投資法人が民事再生法の適用申請という結果となってしまいました。負債総額は1123億円と1000億円を超えることから全業界の倒産を見てもかなりの巨額です。


(以下MSN産経ニュースより)
上場リートが初破綻 ニューシティ・レジデンス投資法人
2008.10.9 20:32
 
記者会見するニューシティ・レジデンス投資法人の新井潤執行役員=9日夜、東京・日本橋兜町の東京証券取引所 東京証券取引所上場のJリート(不動産投資信託)を手がけるニューシティ・レジデンス投資法人(東京都港区)は9日、東京地裁に民事再生手続きの開始を申し立て、保全処分命令を受けたと発表した。負債総額は1123億円。上場リートを手がける投資法人の破綻(はたん)は初めて。

 東証は11月10日付での上場廃止を決定。同法人が発行している投資口は約18万口に上り、金融機関のほか外国人投資家、個人など広範にわたるため、大きな影響が予想されるほか、リート全体の信頼性が崩れ、投資家離れに拍車をかける可能性もある。
 同投資法人は平成16年9月に設立され、同年12月に上場した。資産運用を外資系企業に委託し、原則、賃貸住宅を投資対象として資産運用を行ってきた。しかし、不動産市況の悪化で、金融機関からの不動産関連の融資が厳格化した影響で、資金繰りが困難となり、決済資金や借入金の返済ができなくなったと説明している。

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/081009/fnc0810092033017-n1.htm
(msn産経ニュース/2008/10/9)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。