2008年10月10日

投資法人債市場まひ状態、ニューシティ・レジデンスデフォルトで衝撃 (Ruiter)

●昨日のニューシティレジデンス投資法人の倒産(民事再生法適用申請)の影響で、リートに格付けをしていた各機関が、高めだった格付けからかなり下げる方向に動いている。ニューシティレジデンス投資法人が財務内容が良好といえたのにリートの安全性が認識されていただけに、関係者のショックは避けられない。
 また、リプラスの過去のIRによると、レントゴー事業の将来債権としての格付けはAクラスをいただいていたことが出ており、地震にたとえると直下型地震震度7クラス(サブプライム問題)が来てそれに足元を固めている最中の所がやられてしまったような部分が露見していると思われる。
 

 

(以下Ruiter より)
投資法人債市場まひ状態、ニューシティ・レジデンスデフォルトで衝撃
2008年 10月 10日 13:43 JST 
[東京 10日 ロイター] クレジット市場では、ニューシティ・レジデンス投資法人8965.Tが9日に経営破たんしたことで、投資法人債の流通市場は気配すら出せる状況になく、まひ状態に陥っている。

 ニューシティ・レジデンス投資法人は財務内容が比較的良好で、格付けも高めだっただけに、突然の破たんにマーケットは衝撃を受けた。マーケットでは、他のJ─REITへの波及を警戒している。
 格付投資情報センター(R&I)は9日、ニューシティ・レジデンス投資法人の格付けをA+からCCCに13ノッチ引き下げた。J─REITでは初のデフォルト(債務不履行)となる。
 複数の市場筋によると、デフォルトとなったニューシティ・レジデンス投資法人債の気配は観測されていない。「金融市場の大混乱を受けて、価格の適正水準が分かりにくく、投資家やディーラーは動けない状態。流動性が著しく低下しており、気配は出にくい」(銀行系証券)との指摘が出ていた。
 ニューシティ・レジデンス投資法人について、日興シティグループ証券・金融商品本部コーポレート・ボンド・リサーチ・クレジットアナリストの中西貢三氏は「自己資本比率が40%程度と高く、格付けはA+と高めで、財務内容も比較的良好だったJ─REITが突然破たんしたことで、マーケットに与えたショックは大きい」と述べた。
 複数の市場筋は、有担保で十分の借入れ余力があったにもかかわらず破たんした点に注目している。「J─REITに対する金融機関の融資姿勢の厳しさが鮮明になっている」(外資系証券)との見方が出ていた。
 ニューシティ・レジデンス投資法人が発行した投資法人債は、第1回債(発行額140億円、償還2011年2月、私募)、第2回債(120億円、2012年4月、公募)、第3回債(50億円、2014年4月、公募)の計3銘柄・発行残高310億円。
 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは10日、ニューシティ・レジデンス投資法人の発行体格付け・無担保長期債務格付けをA3からBa1に4ノッチ引き下げた上で、さらに引き下げ方向で見直すと発表した。
  (ロイター日本語ニュース 伊藤 武文記者)

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-34237220081010
(Reuters /2008/10/10)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。