2008年10月15日

従業員の解雇

情報によると、破産者リプラス破産管財人はリプラス従業員に対して解雇の言い渡しを10日にしたとのことです。
通常解雇には解雇予告というものを解雇日から30日以上遡ってされていなければなりません。
 もし30日以上遡っていない場合は、遡ることができない日数分だけの賃金に相当する手当てを支払わなければなりません。それを「解雇予告手当」と言い、労働基準法ではかなりうるさく言われているものです。
 支払えない場合は、刑事事件に相当します。
ただし、破産になっているときは当然支払える原資がないこともあるので、その分は「破産債権」となります。しかし、解雇予告手当は労働者への支払いの分なのですが、債権の支払いに優先されている「公租公課や労働債権」の類とは違い、劣後する「一般債権」と同じ扱いなので、劣後いたします。
  そうなると、一応は破産管財人の債権認否における裁量もありますが、基本的には滞納家賃の保証や取引業者への支払いと同等のものとなるため、支払いには難しい方向になるのかと思います。
 9月分の給与の支払いもまだとのことなので、これと併せて、求めていくようになるのではないかと思います。未払いの賃金は公的な機関が8割立て替えるということになっています。これはあくまでも支払い者に対して立て替えるものです。
 



posted by 管理人B at 01:37| 東京 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | リプラス 労働者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログにコメントありがとうございます。
破綻したリプラスの被害を最小限にしようと頑張っているのですね。
上手くいけばいいですね。

1型糖尿病患者にとりインスリンは欠かせません。
これからもブログ頑張ります。
お互い日本の未来を前向きに考えていきましょう。
Posted by 晴彦日記 at 2008年10月15日 08:00
明日、リプラスユニオンの全体会が連合東京のある田町交通会館で18時半からあります。労働者のみなさんは労働債権獲得のためにぜひ参加してください。
Posted by リプラスユニオン at 2008年10月15日 23:24
晴彦日記さま、ありがとうございます。頑張りますので、これからもよろしくお願いします。
Posted by 管理人B at 2008年10月16日 18:03
リプラスユニオンさま
従業員のみなさん はこれからが大変だと思います。応援しています。
Posted by 管理人B at 2008年10月16日 18:07
お世話様です。従業員の離職標は27日になりそうです。遅れるかもしれませんね。
Posted by 斎藤 at 2008年10月19日 23:28
斉藤さま
このような場合は迅速に退職処理といっても人数が多ければなかなか上手くいきませんよね。とりあえず27日まで待って、あとは交渉したほうがいいです。会社都合での退職者でもハローワークに提出してさらに1週間は無給なのですから、1日でも早くもらいたいものです。
Posted by 管理人B at 2008年10月20日 13:58
離職票等が人事課より27日に発送され該当者(10月11日に解雇)の人は届いているようです。その中に労働福祉協会に提出するための書類があり、それを記入して11月4日必着で人事課に出すことになっています。まだ届いていない人は人事課までにお問い合わせすることをおすすめします。
Posted by 労働者TAKA at 2008年10月31日 06:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。