2008年10月19日

SFCGが顧客の3割に一括返済要求 全国から相談殺到で集団提訴の可能性も

●ここ数日SFCG(旧称 商工ファンド;東証1部8597金融業、東京都中央区)の話題があちこちで殺到しています。その理由のひとつとして、資金を融資している企業などに、担保が下がったから一括して元利金の返済をして欲しいと求められています。株価の方も最近は急激に下がっているので、もしかしたら経営がかなり苦しくなっているのではないかと投資家からは不安の声があがっています。また、直接は関係はありませんが、リプラスが破産法適用申請以前に苦肉の策として、かなり際どいようなところから資金調達をしていたとの噂も耳にしたことがあります。さらに、リプラスが破産した3日後くらいに、SFCGの子会社である賃貸保証会社の「MAGねっと」から方々の管理会社に対して、リプラスの保証との関係であたかも引継ぎの準備ができたとの誤解を招くような事もあったことは記憶に新しいです。
 ところで、週刊ダイヤモンドではSFCGが融資先に対して、一括返済に乗り出した理由についてリーマンブラザーズ証券からの資金調達が難航したこともあげられています。


(以下週刊ダイヤモンド)
週刊ダイヤモンド編集部

【第210回】 2008年10月17日

SFCGが顧客の3割に一括返済要求
全国から相談殺到で集団提訴の可能性も

 商工ローン大手であるSFCG(旧・商工ファンド)やグループ会社のアセットファイナンスは9月上旬以降、融資先である中小企業経営者などに対し、元利金の一括返済を求める文書を一斉に送付している。
 SFCGによれば、一斉返済を求めているのは「貸金業法の改正により、審査基準を厳しくした結果、審査基準に達しない顧客や約定違反の顧客など」という。送付した文書の数は、「約6万人の顧客の内の3割」(同社)というから、1万8000人にも上ることになる。
 だが、日栄・商工ファンド対策全国弁護団によれば、契約通りに返済しているにもかかわらず、債務者や保証人に突然、残金の一括支払いを求めるケースが相次いでいるという。中には「任意整理で和解が成立し、きちんと返済をしている債務者に対し、SFCG側が直接、一括返済を要求する悪質なケースもある」(同弁護団)という。
 実際、鹿児島県に住むAさんの場合、融資額は150万円。毎月の利息分である3万円を「一度も返済を遅延したことがない」という。にもかかわらず、同社は9月上旬、Aさん、及び保証人全員に対して一括返済の文書を送っている。
 同文書では、一括返済の理由を「担保評価割れが生じている」としている。だが、「具体的に何がどう担保割れしているかの明確な説明はしてもらえなかった」(Aさん)という。
 SFCGは何故、この時期に一括返済に乗り出したのか。理由の一つと見られるのが、米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破たんだ。SFCGの発表によれば、リーマンからの借入金は昨年7月末時点では約734億円あったが、今年9月18日には約53億円に減少している。リーマンからの資金調達が難航したことが、今回の一括返済の背景にある可能性がある。
 10月8日には日栄・商工ファンド対策全国弁護団が相談ダイヤルを開設した。首都圏を中心に、全国から約400件の相談が殺到し、「応対しきれない状態」(同弁護団)という。
 こうした中、同弁護団は10月7日にもSFCGの監督官庁である東京都庁に対して業務停止の申し立てを行なっている。さらに同弁護団は「虚偽の内容で返済を求めるのは不法である」として、今後、SFCGなどに対して慰謝料を求める集団提訴を起こすことを検討中という。SFCGは債務者に対し、一括返済の根拠の説明を迫られることになりそうだ。
(『週刊ダイヤモンド』編集部 松本裕樹)

http://diamond.jp/series/inside/10_24_002/
(週刊ダイヤモンド2008/10/17←2008/10/19留)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。