2008年10月22日

老若熱論 これつて“カニコー” 反貧困

●以前しんぶん赤旗では、スポンサーだったリプラスの破産による「もやい」とリプラスの保証制度を取り入れていた各自治体の影響を報

じていました。今回はスマイルサービス(関連会社にバジリカ)の話題がでていますのでとりあげました。
 実際に今問題になっている高齢化社会の元凶のひとつに、貧富の差が激しくなり、大企業が史上最高の経常利益を達成するという話も多

く聞きます。その一方で非正規雇用社員(アルバイト、パート、日雇い)の増加による貧困に近い層も増えていることも決して見逃せませ
ん。昔つまり、30年前を指しましょうか、その頃は「一億総中流」といった穏やかな言葉が世間をやんわりと流れて、一旦大企業(ではな
くても)に就職すれば終身雇用というような労働環境でした。今は富豪が大掛かりな投資や投機をする時代となり、地上げや石油の買占め
などかなりエグイやり方で生活を脅かしています。その上その損失は一旦始まるとアメリカの「サブプライムローン」を代表するように、
企業のデフォルト(債務不履行)、そして倒産による労働者が解雇されるというように、その尻拭いは一般庶民までに及びます。


(以下「しんぶん赤旗」)
2008年10月20日(月)「しんぶん赤旗」

老若熱論
これつて“カニコー”
反貧困
分科会・もつ煮・パレード…元気

--------------------------------------------------------------------------------
 貧困を生む社会を変えるため立ち上がろうと十九日、二千人が集った東京・明治公園の「反貧困世直しイッキ!」。会場では、無料のカ
レーうどん、もつ煮、焼き鳥、フェアトレード(生産者に適正な価格での貿易)のコーヒーなどが参加者に振る舞われました。
 企業組合あうんのもつ煮コーナーで、客を呼び込んでいた大学生(20)は、「前日から仕込みをやって煮込みました。これを食べて元
気になってほしい」と話していました。
 分科会は、住まい、労働、社会保障、高齢者、女性、子どもなど十二のテーマで開かれ、二時間にわたって熱心な討論が行われました。
 住まいの分科会では、解雇と同時に寮を追い出される派遣雇用や、貧弱な公営住宅政策、悪質な不動産管理会社の問題などを議論しまし
た。
 家賃の支払いが数日遅れただけで鍵を交換し、高額の違約金を請求した不動産会社「スマイルサービス」を提訴した男性(29)が「無
断で部屋に不動産会社の社員に入ってこられ、住んだ心地がしなかった」と話しました。
 「使い捨てか、過労死か? これって“カニコー”(蟹工船) じゃん!?」と題した労働分科会には、大きな人だかりができました。
 作家の雨宮処凛さんが司会をつとめ、過労死した労働者の遺族、名ばかり管理職の若者、派遣、偽装請負などで労働組合に加入した人た
ちが交流。松下プラズマの偽装請負を告発した吉岡力さんは、「このたたかいは自分だけの問題ではない。人をモノのようにあつかう派遣
労働を撲滅できると信じている」と語り、大きな拍手がおきました。
 生活と健康を守る会の男性(79)=新宿区=は、社会保障分科会で、生活保護の老齢加算の切り捨てとたたかっている生存権裁判につ
いて報告しました。「つながっていこうという集会の趣旨は、その通り。若い人には未来がある。頑張ってほしい。次の選挙で審判を下し

て、社会保障費の増額を勝ち取りたい」と訴えました。
--------------------------------------------------------------------------------
(日本共産党 しんぶん赤旗/2008/10/20/)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-20/2008102015_01_0.html


(2008/10/20/←2008/10/22/留)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。