2008年10月28日

未公開株詐欺で投資顧問会社元常務に懲役5年判決 名古屋地裁(レントゴー保証の親会社デジタルチェックなどがターゲットに)

●先日、名古屋地裁で未公開株の詐欺事件に関する判決がでました。
未公開株のターゲットとなったのは情報技術企業(IT)関連会社などということですが、そのIT企業は「株式会社デジタルチェック」です。デジタルチェックは、上場の話は現時点でないようですが、色々な財務内容などから、このような詐欺事件に利用されたものと思われます。リプラスからデジタルチェックに渡った「レントゴー保証株式会社」はどのようになるのか分かりませんが、再び上場となるまでには時間がかかるのかもしれません。ただ、創業者というものは、企業は上場させるのがひとつのステイタスなので、上場しないと言う部分については「上場ができない」という理由も少なくありません。


(以下はizaより)
未公開株詐欺で投資顧問会社元常務に懲役5年判決 名古屋地裁
10/21 11:47更新

記事本文 投資顧問会社「ワールドインベストメント」(東京)による未公開株詐欺事件
で、情報技術(IT)関連会社などの株が上場されると偽って販売し、投資家から約1億
5000万円をだまし取ったとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などの罪に問わ
れた元常務、細谷一弘被告(61)に、名古屋地裁は21日、懲役5年(求刑懲役7年)
の判決を言い渡した。
 伊藤納裁判長は「犯行に必要不可欠な役割を担い、責任は重大」と述べた。
 判決によると、細谷被告は社長、橋本誠一被告(60)=実刑判決を受け控訴=らと共
謀し平成17年8月から18年2月にかけ、IT関連会社など3社の未公開株について上
場予定がないのに「上場後の値上がりは確実」と虚偽の説明をし、投資家57人に計約3
00株を販売し、代金計約1億5000万円を詐取した。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/188690/
(iza/2008/10/21)

(2008/10/28留)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。