2008年11月07日

リプラスの暴走(「帝国データバンク情報部は見た!『倒産の深層』」月刊宝島12月号

先日情報提供のあった標記の件になります。
これは宝島12月号の80ページ全面に記事として掲載されているものです。
本来内容をここに掲載するのが最もわかりやすいとおもいます。
しかし、ネットなどにはこの内容は掲載されていないので著作権などの都合からここでは、概要と感想をお伝えし、詳細がご覧になりたい方は「宝島12月号」をお買い求めください。有名な雑誌なので、全国の書店で販売されています。
 

(概要)
株式会社リプラスは、会社運営や企画などの支援をするドリームインキュベータ(東京都目黒区)の執行役員であった姜氏(設立から破産申し立てまで代表取締役)が設立したものであって、不動産投資事業と賃貸保証事業を2つの柱とする事業で急成長した東証マザーズ上場の企業であった。その後(平成18年)リプラスレジデンシャル投資法人株式会社が設立され、東証の不動産投資信託(J-REIT)に上場を果たした。その性質上リプラスがスポンサーとなリプラス本体が運営してきた私募ファンド(SPC)などをリートに組み込んでいるのもある。
 しかし、今年6月にもうひとつの事業の「賃貸保証事業部」で家主への送金が遅れが発生した。その原因は6月に支払期限のある不動産投資物件にあてるための費用がなかったことによるもの。そこで、一時的に収納代行で集めた資金をあててその場をしのいだ。
 また本来行ってはいけない、SPC(匿名組合)の資金を別の運転資金に回したものもある。
  その時の投資情報(IR)で家主への送金が遅れた理由の内容が適切に開示されなかった。
上場企業という以上、投資家にたいしてしっかりした情報開示をしなければならない。

 写真が下方にあって、本社のある建物の「虎ノ門タワーズオフィス」。

http://tkj.jp/takarajima/mailmag.html
(宝島12月号の案内。このHPは12月号の見出し案内です。)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 01:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | リプラス ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。昨日テレビ東京のワールドビジネスサテライトで不動産業界が変わる、賃貸保証業界の件が放映されていまして、リプラスの利用者と思われるような管理会社や家主関係が出ていました。今回のリプラスリーマンショックの影響を放映していたように思えました。ビデオとかとっていなかったので、もしありましたら何らかの方法で見れるとうれしいです。これからもよろしくお願いします。
Posted by 高橋 at 2008年11月07日 05:45
コメントありがとうございます。
現在ワールドビジネスサテライトに関しての映像や資料は当方でも持ち合わせていません。
ユーチューブなどでアップされていればなんとか映像を取得できます。その辺の情報もありましたらお願いします。
Posted by 管理人B at 2008年11月10日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。