2008年11月08日

レントゴー保証で新会社設立・・・デジタルチェック(11月3日)

●家主(オーナー)や管理会社の方々によく読まれている「週刊全国賃貸住宅新聞」がリプラスの件を報じています。
レントゴー保証を利用されていた家主さんや管理会社の人にとって、リプラスの倒産は本当に心配の種がつきませんが
レントゴー保証株式会社の動きを信頼していただきたいと思います。レントゴー保証の内容は実質的にリプラスで行っていた
内容と同じであっても遜色はないと思いますし、その実務部分は他の保証会社にはできない内容・サービスです。
 悪い部分は、その資金(新規契約金や更新時の年間保証料)を不動産投資(アセットマネジメント)の原資になっていた部分です。
しかし、レントゴー保証が拡大したのも、その不動産投資での利益をもとにレントゴーの設備投資となっていたので、これまでの
ようにレントゴーは飛躍的な拡大は難しいと思いますのでガムシャラに首位にならなくても地道に利益をのばして行くのが今後の
生きる道ではないでしょうか。


■レントゴー保証で新会社設立・・・デジタルチェック


 リプラスの賃貸保証事業の譲渡を受けたデジタルチェック(東京都新宿区)は先月7日に同社が事業の譲受先として内定し、裁判所による事業譲渡許可決定がなされたのを受け、当該賃貸保証事業を譲り受けるレントゴー保証の新会社を新たに設立。先月14日をもって、事業譲渡基本契約を締結し、同日、正式に賃貸保証事業の承継が完了したと発表した。

 また滞納保証最大手で先月破産したリプラスの破産管財人、山川萬次郎弁護士は先月24日、姜裕文元社長と子会社3社が破産したと発表した。
 同日、東京地方裁判所に破産手続き申し立ての申請を行い開始が決定された。
 子会社3社はそれぞれ、リプラス・アドバイザーズ、リプラス・インベストメンツ、リプラス・ホスピタリティ。
 山川弁護士は発表文書の中で、4者は回収可能な資産に乏しく、債権者への配当が行われない可能性が高いと述べた。今後の破産手続きに関しては、新しい動きがあり次第、リプラスのホームページに掲載していくという。(11月3日号)

http://zenchin.com/news08110306.html
(週刊全国賃貸住宅新聞/2008/11/3)

(2008/11/8/留)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リプラス ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。