2008年11月18日

子会社破産のお知らせ(リプラス・チャイナ・アセットマネジメント株式会社)平成20年11月14日

リプラスの子会社のリプラスチャイナアセットマネジメント株式会社が平成20年11月14日東京地方裁判所に破産の申し立て(自己破産)をしました。代表取締役は姜裕文 氏です。
  中国も日本同様にアメリカの金融不況のあおりを受けて、この影響での倒産は日本ではあまり見られない「製造業」の経営破綻も多くみられています。やっと高い成長を見出してきた中国だけに中国の不況のあおりは人口の多い国だけに世界各国多々影響を受けるに違いありません。
 そのひとつに中国よりの輸入品の食の問題が多くあります。中国は昔から農作物に不良品が少ないといわれていますが、それは強力な農薬の散布に他なりません。輸出も多くしていることや保存を強くすることにより低価格の農作物が実現できるわけです。
 日本のスーパーマーケットなど中国の製品が多く存在していますが、その商品は日本産よりはかなり安いです。それを顧に、健康を損ねるおそれのリスクが存在するのです。

  本題に入って、リプラスの中国進出で、アセットしたお金で、大きなビルを建設しそれで運用しようとなっていたのでしょうか。リプラスチャイナアセットマネジメントの進出での中国の進出でリプラスグループが大きく打撃を受けたとも言われています。
 オリンピックの経済の期待が大きくさけばれていたのも束の間、大きな投資をして、その予測がはずれた時の負の影響ははかり知れません。

 なんとか再起しているレントゴー保証株式会社(株式会社デジタルチェック傘下)も、今後はその利益が出た場合は、不動産投資などへまわることはないと思いますが、保険の性格が強いことも考えて、安定した成長を重ね重ねお願いしたいものです。

破産管財人就任のごあいさつ(リプラスチャイナアセットマネジメント株式会社)
(2008/11/14/リプラスIR 2008/11/18出)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 17:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リプラスIR 関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。