2008年11月25日

自己破産を申請したリプラス見積もり債権額と債権者が見積もった債権額に大きな開き、その意味するものは何か(日刊横浜サイバー平成20年11月14日)他

●アクセスジャーナルのような深く突っ込む系の類するネット情報に「日刊横浜サイバー」がリプラスの債権見積もりと債権者の債権見積もりにかなり大きな違いが出ていることを報じています。
 それが10倍くらい開いているらしいとのこと。
それ以上の話は有料とのことですので、深く追及している人には一度ご覧になられた方がよろしいと思います。
また話は違いますが、このようなブログの有料化の決済にデジタルチェックのC-checkでの決済ができるブログもあるらしいので、その辺も今後デジタルチェックとレントゴー保証を応援する者にも今後の大きな発展じゃなく徐々に大きくなる発展が期待できそうなのかも知れません。

http://blog.kuruten.jp/tdyc/53985



【関連する記事】
posted by 管理人B at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リプラス ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。