2008年11月29日

マンション販売のモリモトが民事再生法申請 負債総額1615億円

●不動産分譲の大手のモリモトが民事再生適用申請をしました。東証2部ですが、かなり大きな企業です。
モリモトといえばデザイナーズマンションの分譲で有名でテレビニュースのスポンサーでも有名です。
このような不動産会社も倒産する時代ですからかなり覚悟をしなければなりません。
関連会社も多いがゆえに今後の影響が心配です。
リプラスから譲り受けた。株式会社デジタルチェック傘下のレントゴー保証株式会社のようにある程度独自性のスキームが整った会社であればスポンサーも見つかるとおもますが、はたしてモリモトを支えるだけdの会社はみつかるのかきになるところです。

 

(以下 日本経済新聞)
マンション販売のモリモトが民事再生法申請 負債総額1615億円
 東証2部上場のマンション販売会社、モリモトは28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日付で受理されたと発表した。負債総額は1615億円。不動産ファンドなどの投資家向け不動産開発を主軸にして今年2月に株式上場したばかりだが、不動産市況の冷え込みに伴って販売用不動産の在庫が膨らみ、資金繰りに行き詰まった。

 新日本監査法人から監査意見を得られず、2009年3月期の第2四半期報告書提出が遅れていた。同社の森本浩義社長は同日、東証で記者会見し「(監査意見を得られず)青天のへきれきという気持ち。金融機関に支援を約束してもらっていただけに理解できない」と述べた。

 東京商工リサーチによると、負債総額は今年8番目の大きさで、不動産関連業種としてはアーバンコーポレイションなどに次いで3番目。(28日 23:01)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081128AT1D2808U28112008.html
(日本経済新聞/2008/11/28)

(2008/11/29/留)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。