2008年12月02日

預かり家賃等保証制度開始・・・日本建商 (2008/11/24)

●大阪にある高松建設は、賃貸管理業務を行っている「日本建商」で次の新しい「賃貸保証」を行いはじめました。
要は、「賃貸保証もいいけど、もしその会社が潰れたらどうするの?」という疑問に行き着いたもののようです。
当然リプラスの事態を元に作られたものとみられます。株式会社デジタルチェックに移籍したレントゴー保証株式会社も今後のこのような事態の対策も行わなければならないことは必要となることでしょう。
今年はじめに、将来債権譲渡ということで、保証会社の保証ということで「合同会社レントゴー」という特別目的会社がつくられましたが、ついこの2月に東証2部に上場したモリモト(民事再生法適用申請)も含めてこの金融不況がもう少し遅ければ、「リプラス」や「モリモト」が生き残った形にでも
あったのかもしれません。

 
■預かり家賃等保証制度開始・・・日本建商


 東証・大証1部上場の松コンストラクショングループは破綻が相次ぐ業界の信用不安を払拭するため新たな提携に踏み切った。

 同グループ、松建設(大阪府大阪市)の子会社で、関西エリアを中心に賃貸管理・仲介事業などを手掛ける日本建商(大阪府大阪市)は、大手金融機関と提携することにより、預かり家賃等の保証制度を開始した。
 今回開始した制度は、万が一不測の事態により同社が再生や破産などの事態に陥った場合でも、オーナーに支払われるべき集金済みの家賃・共益費・敷金・礼金・駐車場等付属施設使用料などが金融機関によって保証されるというもの。
 差し押さえなどの事態により、同社によって集金された家賃等が凍結された場合においても、大手金融機関の弁済によりオーナーは家賃を受け取ることができる仕組みとなっている。
 保証を受けるにあたり、オーナーには掛け金などの負担や特別な手続きを行う必要はない。
 保証の契約はあくまで日本建商と大手金融機関との間で行われるため、オーナーは同社との管理委託契約のみで、集金代行された家賃等の保証を金融機関から受けることができるようになる。
 今回の制度は管理会社が独自に行うもとしては業界初になるという。東証・大証1部上場松コンストラクショングループのもつ金融機関への信用力によって実現した。(11月24日号)

http://zenchin.com/news08112404.html
(全国賃貸住宅新聞/2008/11/24)

(2008/12/2)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 07:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。