2008年12月06日

アーバンコーポレイション支援 大和ハウス最有力(2008/12/3)

●読売新聞によるとアーバンコーポレイションのスポンサーは大和ハウス工業が最有力になった。大和ハウス工業は、住宅メーカーとしても業界最大手であり、建設業全体においても有名な「スーパーゼネコン」と呼ばれる鹿島・大成建設・清水建設・大林組・竹中工務店(非上場)と比べても売上に関しては肩を並べたり、それを超える年もある。さらに驚くことは経常利益にするとこれらのスーパーゼネコンを軽く超えてしまう。したがって利益率がよい業界ともいえます。本来なら「リプラス」これがダメでもレントゴー保証においても、かなり旨みがあれば大手の金融機関やハウスメーカーの支援も期待できたのであるが、リプラスは破産なのでこのような大手が入り込んでもリスクはかなり高かったかもしれません。


(以下読売新聞より)
アーバンコーポ支援 大和ハウス最有力
 民事再生手続き中の不動産開発会社アーバンコーポレイション(広島市)を支援する企業として、大和ハウス工業が最有力になったことが2日、明らかになった。当初、米系金融3社も支援に名乗りをあげていたが、世界的な金融危機の深刻化を受けて撤退した。関係者によると、大和ハウスのほか、米金融大手のゴールドマン・サックスとメリルリンチ、米投資顧問会社エートス・キャピタルの3社が関心を示していた。

 再生計画案の東京地裁への提出期限は22日だが、3社は近く予定される最終入札を前に支援を断念したという。これで大和ハウスがアーバン社の事業を引き継ぐことが確実視される。
 大和ハウスは多角化戦略の一環で商業施設の開発運営に力を入れており、この分野を強化したい考えだ。首都圏の基盤強化にもつながると判断したとみられる。

(2008年12月3日  読売新聞)
http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20081203ke01.htm

参考 「大きなお世話業界利益調べ 07'11」
http://www.ads-network.co.jp/cabin/ca-66.htm

(2008/12/6留)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。