2008年11月08日

アーバンコーポレイション:株主が旧経営陣に賠償提訴(2008/11/7)

●アーバンコーポレイションの経営者(役員)へ向けての損害賠償請求訴訟が始まりました。被害者の会(株主被害弁護団)によるもので、株主が会社そのもののの損害を役員などに賠償請求をする、株主代表訴訟とは異なるものです。
 リプラスでも一時、当時の賃貸保証事業部(現在は株式会社デジタルチェックのレントゴー保証株式会社)についての情報開示について疑問が持たれましたが、株式やその他関しての動きは今のところないようです。


(以下毎日新聞)
アーバンコーポレイション:株主が旧経営陣に賠償提訴
 不動産会社「アーバンコーポレイション」(広島市、民事再生手続き中)が資金調達に関して虚偽事実を公表したために損害を受けたとして、株主ら250人が7日、旧経営陣14人に計約7億7790万円の賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 訴えによると、ア社は今年6月末に提出した有価証券報告書などで、特殊な社債を発行して仏系金融機関から300億円を資金調達すると発表した。だが実際は株価が下がれば受取額が減少する別の契約があり、株価の低迷で取得額は92億円にとどまったという。
毎日新聞 2008年11月7日 23時35分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20081108k0000m040132000c.html
(2008/11/8留)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。