2008年12月09日

デジタルチェック、電子マネー「C−Check」が現金決済型キオスク端末でのサービスを開始

●日本経済新聞によるとリプラスから移籍したレントゴー保証株式会社の親会社の株式会社デジタルチェックの電子マネーでキオスク端末「デジらく」のサービスが開始したとのこと。デジらくはインターネット喫茶などに多く設置され、今回の電子マネー以外にも他社では通信回線やその他の付随サービスの参入の可能性も示唆されており、この部分での伸びシロも期待できます。


(以下nekkeinetより)
デジタルチェック、電子マネー「C−Check」が現金決済型キオスク端末でのサービスを開始
デジタルチェック社の電子マネー『C−Check』が、現金決済型キオスク端末では初のサービス提供を開始

株式会社デジタルチェック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:友水良一)が提供する電子マネー『C−Check』に関し、現金決済型キオスク端末『デジらく』で11月からサービスが利用開始となりました。『デジらく』はフレパー・ネットワークス株式会社が運営・管理するデジタルコンテンツ販売機で、現金決済が可能なキオスクでは初めて電子マネーの利用が可能になります。
 『C−Check』は、デジタルコンテンツの購入に便利なリチャージ式プリペイド型電子マネーです。コンビニのキオスク端末や郵便局のATMなどで、ユーザーが先払いで16桁の数字を用いたID番号を購入し、オンライン上で販売されているゲームや楽曲などを含むデジタルコンテンツをこの電子マネーで決済することが出来ます。電子マネーへのリチャージや複数件数発行されているIDでの利用金額の合算も可能です。
 『デジらく』は、最大1万タイトル以上のコンテンツを格納できる、大容量ハードディスク内蔵の、マルチメディアコンテンツ・プリンティングマシンで、全国のインターネットカフェやコンビニエンスストア等の店頭に設置されているこの端末から、映像・音楽・ゲームソフト・電子書籍・オンラインのアクセス権といった様々なコンテンツを各種メディアに書き込み、携帯・パソコン・PSPなどで楽しむことができます。今回新たにサービス開始となったのは、電子マネーによるPIN販売で、フレパー・ネットワークス株式会社では、10月に店舗でのテスト販売を開始、既に200台の導入を完了し、11月中には500台まで販売可能台数を拡大する予定です。
 

関連URLに関しては下記をご確認ください。
 ◇『C−Check』について
  http://www.digitalcheck.co.jp/service/e-money/c-check.html
 ◇『デジらく』について
  http://www.d-raku.jp/pc/info/index.html
 ◇『デジらく』の設置場所一覧
  http://www.d-raku.jp/pc/map/index.html

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=207003&lindID=3
(日経プレリリース/2008/12/4)

(2008/12/9留)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。