2008年12月26日

不動産業界の「激変ぶり」を象徴。 アーバンコーポがついに“清算”へ(ダイヤモンドオンライン/2008/12/26)その1

●リプラスについてもここで取り上げられましたが、今回は新興不動産倒産の先駆けとなったアーバンコーポレイションについて掲載されていました。
昨日の件はリプラスと同様「破産へ」と向かうのでしょう。リプラスは民事再生法の適用の申請を飛び越えて、リプラスレジデンシャル投資法人とリプラスリートマネジメント(現 ミカサアセットマネジメント)はなんとか生き残り、レントゴー事業(現 株式会社デジタルチェック傘下のレントゴー保証株式会社)
も事業譲渡で辛うじて生き延びる、アーバンコーポレイションもそれと同じ道をたどります。
 現在民事訴訟の提起(アーバンコーポレイション株主被害弁護団やアーバンコーポ計画倒産被害者の会の中の民事裁判への参加者)もされており、その行方も気になるところです。

 

(以下ダイヤモンドオンラインより)
{M&A時代の読解力}

【第54回】 2008年12月26日
不動産業界の「激変ぶり」を象徴。
アーバンコーポがついに“清算”へ

――空前の「倒産ラッシュ」に見舞われた2008年をふり返る
 8月に経営破たんした新興不動産会社のアーバンコーポレイション。それから4ヵ月。今月22日、東京地裁に再生計画案が出された。しかし、“再生”とは名ばかりで、事実上の「解体」である。これまでスポンサー企業を募って事業の一体的再生を模索してきたようだが、事業全体の担い手が見つからず、事業の一部を投資グループなどに譲渡したうえで、結局会社そのものは清算されることになった。
 主力としていた「不動産流動化事業」は、中堅証券会社・極東証券の子会社FEインベストを中心とする投資グループに譲渡されることが決まった。また、マンション分譲事業については、広島を中心に展開する事業を地元のファンド・広島ベンチャーキャピタルに譲渡されることとなった。両事業を合わせた売却額はわずか100億円程度。これ以外の事業は譲渡先が見つからなかったようだ。

史上最高益の数ヵ月後に倒産
という皮肉
 今後は、残った資産を売却し、債権者への弁済(配当)を進めていくことになる。同社によると、その弁済率は最大15%程度の見込みだという。民事再生の一般的な配当率としては、15%というのは決して低い数字ではない。

 しかし、同社の直近(2008年3月期)の決算では、バランスシート上において大幅な「資産超過」状態であったこと、しかも600億円を超える過去最高の営業利益を上げていたことを考えると、15%という配当率はあまりにも少ない数字に思えてしまう。
 これは、破たん後、相当な規模で資産価値が目減りしてしまった証拠だろう。おそらく、都市部を中心とした優良物件はすでに担保に入っていると思われ、残った物件は資産価値の低いものばかりではないだろうか。それらをすべて売却し、2事業の譲渡代金、そして手元資金を合わせて、ようやく15%の配当にこぎつけた、というのが正直なところだろう。

主力の「不動産流動化」事業の
行き着いた先
 特に主力事業としていた不動産流動化事業においては、破たんによって、確実な収益源である「フィービジネス」を失ってしまったといえる。そもそも不動産流動化事業は、大きく分けて下記の3つに分類される。

1)自社開発――自己資金によって物件開発後、他社へ転売することで利益を確保する。
2)プロパティマネジメント(PM)――物件メンテナンスや賃貸契約などの管理業務を請け負う。

3)アセットマネジメント(AM)――投資家・保有者から、代理人として物件を預かり、上記PMの運営を行なうだけでなく、投資家への投資利回り最大化の責務を負う。
http://diamond.jp/series/nagasawa/10054/
(2008/12/26/ダイヤモンドオンライン)

(2008/12/26/留)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。