2009年01月14日

クリード破綻は序曲か? アーバンの二の舞に(2009/1/10)

●また、グリードの倒産の翌日にはいつも情報の早い九州企業情報も報じています。
この倒産劇はグリードを皮切りにということでしょうか。今後も不動産業の倒産が出てきそうです。

(以下参照)
クリード破綻は序曲か? アーバンの二の舞に
[耳より情報]
2009年01月10日 09:45 更新

 1月9日、東証一部上場の(株)クリード(東京都千代田区、代表:宗吉敏彦)がついに破綻した。昨年10月18日、弊社は次の記事を書いていた。<アーバンコーポレイションの二の舞? (株)クリード>
 同社と同様の業態の企業は他にもあるが、たとえばパシフィックホールディングスでも昨年10月、代表個人が金融機関に担保提供していた株式の担保権が実行されて40,000株が売却された。その後、(株)中柏ジャパンへの第三者割当増資などで資金調達を図るも、払い込み資金拠出に対する中国政府の許可が中柏ジャパンに下りていないなど、依然として不透明の状況だ。
 また、すでにいちごアセットトラストの子会社になっているとはいえ、クリード・オフィス投資法人の動向も気になる。最近、金融庁から、「1 物件について、本資産運用会社が定めるアスベストを使用している物件の取得に係る投資方針等の基準を満たすための対応を怠り、本投資法人に不要な費用の支出をさせた」などの理由で業務改善命令を受けていた(その後、改善計画書は受理された)。
 それでなくとも、Jリート(とそれを運用する不動産会社)は軒並み厳しい評価を市場から受けており、今回のクリード破綻がこれに拍車をかける可能性はある(参照)。
 クリード破綻はこれから起こりうる悪夢の序曲なのだろうか―。 

【 大根田 康介 】
(2009/1/10九州企業情報)
http://www.data-max.co.jp/2009/01/post_4125.html

(2009/1/14)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。