2009年01月16日

「シャンテ」継続へ社員奮闘 '09/1/15

●再びアーバンコーポレイションの話題です。昨日あたりでしょうか、京品ホテル(東京都品川区)の従業員が自主営業をしていることについて東京地裁から現在の施設の使用は
できないとの判断があり、会社側の言い分が認められる形となりました。従業員側は上訴するようです。ホテルに強力な担保件などがあるのでホテルの営業は黒字でも難しくなっています。
 この問題も同じで、この宿泊施設に強力な担保が当然あることでしょうから、それを打ち消すだけの資力のあるスポンサーが出ない限り営業を継続するのは難しいでしょう。
リプラスやアーバンコーポレイションのような新興不動産で特に不動産流動化という投資事業は内部留保というゆとりはなく、むしろ大きな担保(レバレッジ)を設定して行うのが
常でしょうから、厳しいところです。

(以下参照)
「シャンテ」継続へ社員奮闘 '09/1/15

--------------------------------------------------------------------------------
 
 3月末の閉鎖が決まっている広島市中区上八丁堀の宿泊施設「八丁堀シャンテ」の社員が、営業継続に向け奮闘している。閉鎖は親会社の不動産開発、アーバンコーポレイション(広島市中区)の経営破たんの影響だが、「思い出の場所をなくさないで」との客の声を受け、懸命にサービスを続けながらスポンサー探しに奔走している。

 「もしシャンテが残るなら来年の新年会も予約します」。営業部の森和之マネージャー(32)は今月初め、シャンテで新年会をした企業の担当者から告げられ、目頭が熱くなった。
 従業員は正社員50人、パート27人の計77人。閉鎖されれば全員解雇される見通しだ。「閉鎖を免れるにはスポンサーを見つけなければ」。ホテル業者などから買い取りに関心を示す話もあり、幹部や社員が交渉を続けている。

【写真説明】スポンサー企業を探しながら懸命のサービスを続けている八丁堀シャンテ(撮影・天畠智則)
 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200901150078.html
(2009/1/15/中国新聞)

(2009/1/16留)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。