2009年01月28日

県:求職者に賃貸住宅紹介 家賃4万円未満の民間物件 /埼玉

●埼玉県は緊急経済対策の一貫として求職者(失業者)を対象に家賃4万円未満の民間住宅の紹介を始めたようです。
実際に通常、賃貸物件を契約する時に必要となるのは、職業(安定した職業、正社員の身分はもちろん、契約社員、派遣社員、パート、アルバイト
でも可能)、連帯保証人(近親者が望ましが、友人でも可能、それ以外はリプラスから移籍された株式会社デジタルチェック傘下のレントゴー保証株式会社や日本セーフティ・MAGねっと・日本賃貸保証・リクルートインフォシェアなどの賃貸保証会社にすることも可能)の2本です。
 したがって、失業をしている以外は決して賃貸物件を借りることは難しくありません。
失業者であっても、50万円〜100万円位の預貯金があれば、賃貸ができる物件などはあります。
 今回の場合は、その職業をすら失っているということで、埼玉県があっせんをしているとのことです。
4万円未満の1Kや1ルームという物件は埼玉県の場合であれば、希少な存在ではありませんが、契約するときに何らかの支援や保証が緩やかになっているのでは
ないかと思われます。

(以下参照)
県:求職者に賃貸住宅紹介 家賃4万円未満の民間物件 /埼玉
 県は20日、緊急経済対策の一環として、求職者を対象に、家賃4万円未満の民間賃貸住宅の紹介を始めた。通常、失業者は入居を敬遠されがちだが、失業者であることを理由に門前払いされないという。物件の中には、不動産業者への仲介手数料や礼金、保証人の有無など個別相談に応じるものもある。ハローワーク、ヤングキャリアセンター埼玉、県労働相談センターで閲覧可能で、20日現在、57件(うち1件は東京都内)を紹介している。

 開発指導課によると、県宅地建物取引業協会と全日本不動産協会県本部の協力で、県内11市1町などの家賃月額1万9000〜3万9000のワンルームや1Kの部屋を紹介している。リストは毎週火曜に更新され、入居希望や問い合わせは、直接取り扱い業者に連絡する。【山崎征克】
毎日新聞 2009年1月21日 地方版

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20090121ddlk11010316000c.html
(2009/1/21毎日.jp)

(2009/1/28/留)

 


【関連する記事】
posted by 管理人B at 13:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。