2009年02月05日

イオン・ファミリーマート:電子マネー提携へ

●イオンのワオンという電子マネーが3大コンビニエンスストアの一つと言われている、「ファミリーマート」との提携を行う発表がありました。
ワオンは従来から普及している、EDY(エディ)や現在鉄道関係で多く使用されている「SUICA」や「PASUMO」などと同様に機械にタッチをするだけで決済が行われる電子マネーです。
 しかし、この電子マネーが使用できるのもイオン関係のJASCOやイオン参加のコンビニエンスストアの「ミニストップ」がメインなので、コンビニエンス一角のファミリーマートで使用できるとなると
少々焦り気味なのが「セブンアンドアイホールディングス」とレントゴー保証株式会社(旧所属 株式会社リプラス賃貸保証事業部)の親会社である「株式会社デジタルチェック」をはじめとするwebMoney関係の電子決済関係の会社なのかもしれません。


(以下参照)
イオン・ファミリーマート:電子マネー提携へ
 イオンとファミリーマートは4日、電子マネーの取り扱いで業務提携すると発表した。今秋以降、全国約7300のファミマ店舗で、イオンの電子マネー「WAON(ワオン)」を使って買い物代金の支払いができるようになる。

 1月末現在のワオンの発行枚数は約700万枚で、利用可能店舗は約2万7000店。イオンはこれまで、日本航空や吉野家などグループ外企業ともワオン利用で提携しており、ファミマへの導入で、普及を加速させたい考え。イオンは昨年12月、三菱商事と資本・業務提携し、三菱商事系のローソンとイオン傘下のミニストップとの商品調達などでの連携を検討している。ただ、今回のイオンとファミマの提携は電子マネー分野にとどまり、会見で両社は「イオン、ローソン、ファミマの3社連合に発展する構想はない」と説明した。【小倉祥徳】

毎日新聞 2009年2月5日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090205ddm008020036000c.html



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。