2009年02月13日

日本綜合地所、更生手続き 負債総額2142億円(2009/2/5/日経ネット)

●日本綜合地所の件になります。去年を含めて「アーバンコーポレイション」の次に大きい負債という状況で、普通の倒産処理の段取りが違うのが、「会社更生法」を適用
しながらも、現経営陣が続投するという点です。通常は「民事再生法」という倒産処理方法がメインです。本来「民事再生法」は倒産という意味よりは、倒産寸前の状態なので
取り立てなどから守り、本来の経営軌道に乗せましょうという意味になります。
 この倒産処理状況からだと、リプラスの「いきなり破産」というものと同じで、かなり悪化するまで我慢していたのだろうと思われます。人間の体もぎりぎりまで我慢しては
いけないのと同じで、債務の拡大を防ぐためにも「早めの白旗」が必要な倒産事案とみることができるでしょう。


(以下参照)
日本綜合地所、更生手続き 負債総額2142億円
 マンション分譲大手の日本綜合地所は5日、東京地裁に会社更生手続き開始を申し立て、受理されたと発表した。子会社2社を含めた負債総額は約2142億円。今年に入って最大の倒産で、2008年度でみると不動産業では昨年8月に民事再生法の適用を申請したアーバンコーポレイション(負債総額2558億円)に次ぐ大型倒産となった。マンション市況の悪化が企業経営に与える影響が一段と拡大している。

 同日、都内で記者会見した日本綜合地所の西丸誠社長は「債権者、株主の皆様にご迷惑をかけ、申し訳ない」と陳謝した。ただ現経営陣が更生計画などに関与できる「DIP型」と呼ぶ会社更生手続きの適用を目指し、引き続き経営を担うことに意欲を示した。
 経営破綻を招いた責任を明確にしなかった点については、私財の提供などを「弁護士と相談しながら考えたい」(西丸社長)としている。 (05日 21:06)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090206AT1D050BB05022009.html
(2009/2/5/日経ネット)

(2009/2/13/留)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 13:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中小企業 倒産情報
Excerpt: メルマガ:2009年2月12日 (木) Vol.474このメールマガジンは最新の情報を中心にお伝えいたしております。 外食関連の情報は企業動向を中心に、その他本日のニュース関連、大型倒産情報、 東京市..
Weblog: ☆youtube動画&最新news☆
Tracked: 2009-02-14 03:55
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。