2009年03月25日

アーバンエステート:住宅販売会社が民事再生を申請 負債総額は50億円 /埼玉

●株式会社アーバンコーポレイション(民事再生法で再建中 元東証1部上場不動産)と類似した名称のCMや電車広告などで大々的に宣伝をしていた有名な会社(ただし非上場)「アーバンエステート」(埼玉県川口市)が平成21年3月24日東京地裁に民事再生法の適用を申請したとのこと。倒産の内容としては、下記の通りであるが、
やはり、CMの多大な設備投資で負債がかさんでいたころに赤字を出し、つなぎ資金が欠乏したためどんなに手を打っても穴埋めができなかったのだろうという推測になります。
実際この建設から販売までのプロジェクトは決して悪くなく質のたかいものと評判だっただけに関係者はショックを隠しきれない様子です。
 今後このようなところも上場していない大規模な会社でないだけにスポンサーで再起も充分可能とみられます。(リプラスは東証マザーズ上場でレントゴー保証株式会社は元はリプラス賃貸保証事業部、その後のスポンサーは株式会社デジタルチェック)

(以下参照)
アーバンエステート:住宅販売会社が民事再生を申請 負債総額は50億円 /埼玉
 帝国データバンク大宮支店は24日、注文住宅販売「アーバンエステート」(川口市幸町1、大山伸吾社長)が、東京地裁に民事再生法適用を申請したと発表した。負債総額は約50億円。今年に入り県内の不動産関連の大型倒産は1月の「K’Sコーポレーション」(所沢市、負債約36億円)に次ぎ2件目。

 同支店によると、ア社は02年9月設立後、継続点検による60年保証の木造注文住宅「一生涯の家」シリーズを展開。関東1都6県などに42の営業所を構え、年間売上高は03年12月期の約8億円から07年12月期の約65億円まで伸ばした。だが、営業拠点の急拡大やテレビCMなどの経費増大に不動産市況の悪化が重なり、倒産に追い込まれた。【和田憲二】

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20090325ddlk11020265000c.html
(2009/3/25/毎日.jp)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

不動産投資信託とリートと金融的利子の経過処置
Excerpt: 顧客のおんな社長に頼まれて、通勤電車の中ではめてきました(爆笑) 吊り革を両手で持って周りにバレバレだし(笑) リスク高いからってお礼に30枚もらったけど(笑)
Weblog: あずまひとPC FC2
Tracked: 2009-03-27 22:20
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。