2009年04月11日

「追い出し屋」被害で一斉提訴へ 5都府県12人2009年4月10日16時40分

●こういう話題が昨日今日始まったわけではありませんが、「追い出し屋」こと家賃保証会社が訴えられています。
 家賃保証会社である以上、どんなに優良の会社でもトラブルがないということはありません。家賃保証会社いわゆる「保証会社」に
トラブルは大きくつきものです。
 しかし、リプラスの経営破綻によってそのことがクローズアップされました。全部の保証会社が悪質なのではありません。
一部の悪質な業者のために、家賃保証業界全体の信頼が揺れてしまっているところです。
  レントトゴー保証株式会社も株式会社デジタルチェックの傘下となり、マイナスからの出発ではありますがなんとか順調に推移いているようです。


(以下参照)
「追い出し屋」被害で一斉提訴へ 5都府県12人2009年4月10日16時40分
    

追い出されて4日間、ネットカフェなどで過ごした元派遣社員の男性。自宅に戻り、契約書を読み返した=大阪府茨木市
 家賃滞納を理由に強引に退去を迫られ、居住権を侵害されたとして、5都府県の借り主12人が家賃保証会社などに慰謝料など1人あたり約100万〜300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁や大阪簡裁など6地・簡裁に来週中に起こす方針を決めた。原告は非正規労働者らで、大量失職者が出た年度末に被害が集中していた。「追い出し屋」被害をめぐる全国一斉提訴は初めて。

 訴えるのは東京、大阪、兵庫、奈良、宮崎の20〜60代の男女12人。元派遣社員や日雇い労働者、パート、アルバイトらで、大半が年収200万円以下の低所得者。自宅を閉め出された後、ネットカフェのほか、車や公衆トイレなどで路上生活を強いられた原告もいる。
 滞納理由は派遣切りやリストラ、仕事の激減による収入減と、病気の治療代や消費者金融への返済などによる支出増など。原告12人のうち7人は1月以降、被害に遭った。
 被告は不動産会社、不動産管理会社、家賃保証・回収会社など約15社と家主ら。訴えによると、原告らは滞納後、深夜・未明の取り立て、不在時の無断侵入、鍵交換、家財撤去などで退去を強いられたとしている。
 追い出し行為について、国土交通省は2月、家賃保証会社を対象にしたガイドラインを作成。しかし、最近は管理会社による追い出し行為が横行しているという。
 弁護団「全国追い出し屋対策会議」は「住まいを奪われれば路上生活に直結しかねず、次の就職先を見つけるのも困難となる。裁判を通じて、『貧困ビジネス』の違法性を明らかにし、被害の拡大を防ぎたい」としている。

 追い出し屋被害をめぐっては昨年12月以降、関西在住の借り主5人が家賃保証会社などを相手に損害賠償を求める訴訟を起こしている。(室矢英樹)
http://www.asahi.com/national/update/0410/OSK200904100050.html
(2009/4/11/asahi.com朝日新聞社)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。