2009年04月22日

SFCG破産手続き開始決定 管財人「民事・刑事で責任追及」

●SFCGについて平成21年4月21日に破産手続きの開始をしました。破産管財人が旧経営陣に対し、民事と刑事の両面から責任を追及する方針をうたっています。
 刑事については破産管財人は責任を追及する義務はいまのところありまんが、今回の破産管財人はそのような方針をうたっています。

(以下参照)
SFCG破産手続き開始決定 管財人「民事・刑事で責任追及」
 東京地裁は21日、2月に経営破綻した商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド)に対する破産手続きの開始を決定した。

 破産管財人に選任された瀬戸英雄弁護士は、同社が2月に民事再生法の適用を申請する直前の数カ月間に2670億円以上の債権や株式を親族会社などに無償もしくは廉価で譲渡していた事実を明らかにし、「大島健伸前社長らSFCGの旧経営陣の責任を民事・刑事の両方で追及していく」と述べた。(17:13)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090421AT2C2100O21042009.html
(2009/4/22/日経ネット)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。