2009年05月13日

丸美:捜索 「金の流れ解明を」被害者の会訴える /熊本

●引き続き福岡県福岡市の民事再生中の不動産管理会社 丸美(まるび)の情報です。丸美の出資者が「丸美被害者の会」(まるびひがいしゃのかい)を結成して、さらに弁護士を雇い、法的な視野をいれた活動をしてきた模様です。
違法な資金集めをして、強制捜査が入ったということで、損害賠償請求もやりやすくなるものと思われます。
 俗にこのような詐欺まがいの事件はたいてい回収率がよくて出資額の2割が限度となっています。はたしてどこまで被害を回復できるか、この被害者の会を応援するばかりです。


(以下参照)
丸美:捜索 「金の流れ解明を」被害者の会訴える /熊本
 マンション管理会社「丸美」(福岡市中央区)や同社関連の宿泊施設ロマネスクリゾート菊南(熊本市鶴羽田町)などを熊本県警などが偽造有価証券行使容疑で家宅捜索した12日、丸美被害者の会(氷川町)は会見し「丸美には裏切られた思い」「捜査で金の流れを解明してほしい」と訴えた。

 被害者の会が12日、熊本市内で開いた会見で代理人弁護士は、06年7月〜07年3月に丸美の金丸近会長が架空会社名義で作った社債計1億6200万円を使ったとして会員6人が4月13日、偽造有価証券行使容疑で福岡県警に告発していたことを明らかにした。そして「丸美は組織的犯罪をしており、捜索を受けるのは当然。全容解明を望む」と語った。
 被害者の会の森田英一会長は「(丸美が)存在しない会社の社債を発行し、違法な資金集めをしていたことは悪質で許すことはできない。不正がはっきりすれば民事での損害賠償請求もしたい」と話した。
 被害者の会は、丸美からリゾートホテル会員権や社債などを購入した債権者らが08年9月設立した。会員は、県内の134人を最多に全国で約350人いる。丸美は08年7月に経営に行き詰まり預託金返還の見込みがないのが分かっていながら会員2人を入会させ、各200万円をだまし取ったとして08年10月、2人が金丸会長と宮崎隆社長を詐欺容疑で県警に告訴していた。【遠山和宏】

【関連記事】
振り込め詐欺:中国人組織 実行役に日本人雇い犯行
八十二銀行:元行員を詐欺容疑で逮捕 長野県警
おれおれ詐欺:「出し子」容疑者逮捕 画像公開し捜査
療養費不正受給:奈良産業大の元監督ら詐欺容疑で逮捕
小室哲哉被告:「実刑と思っていた」…裁判長に諭され涙
毎日新聞 2009年5月13日 地方版

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20090513ddlk43040479000c.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆.えんで37マ.ン稼げたwww
Excerpt: ツレがもうかったっていってたから試してみたらマジでナマでハメまくってるだけで37マ.ンもらったw しかも中.出しが当たり前だしwww → younube.net
Weblog: 平成電電被害者の会JV
Tracked: 2009-05-16 17:30
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。