2009年05月17日

破産者トレードチェックシステム株式会社(TC社)第1回財産状況報告集会(債権者集会)

あいであ・らいふの次に破産者トレードチェックシステム株式会社(以下TC社とも呼ぶ)の債権者集会が行われました。

 日時;平成21年5月11日(月)
 時間;14:55〜15:10頃まで(13:30〜のあいであ・らいふ外3社の債権者集会の中の一つです)
 場所;家簡地裁合同庁舎債権者集会室T
 担当;東京地方裁判所民事第20部k−1係 (単独)
 事件番号 ;平成20年(フ)第23139号
 破産管財人弁護士;五十嵐啓二 
 資料;破産法第157条の報告書(A4判片面4枚)配布
   (表紙、破産貸借対照表、財産目録、収支計算書(第1回))

 概略)
 トレードチェックシステム株式会社は株主が793名、で資本金2億2500万円の企業でした。
当初はあいであ・らいふ社の「頭で儲ける時代」の別冊で行われた「物々交換」に関する企業の設立からのものでした。
 その雑誌や縁故で株主の募集が行われました。
 平成4年9月に現在の「トレードチェックシステム株式会社」に引き継ぎ、平成19年7月にインターネットを使った「物々交換」サイト
に進出しました。
 トレードチェックシステムにおける収入は
  TCバータークラブ(トレードチェックシステムの交流会などでで行われる企業間の商品での交換)からであって
 その収入は次の通りです。
  収入 入会金 40万円、月の会費が2000円〜5000円(時期によりばらつきがあり)
     手数料のフィーとして交換額面の5%が入ってきます。
  会員は最盛期で1000名(社)程度で、そこから240社に減少という状況で財務状況は例年ほとんど赤字、経常利益も赤字でした。
その赤字を解消するために平成19年4月にインターネットを立ち上げたものの月に数万円の売り上げにしかとどまらず、従業員は3名というところです。
本社ビルは「あいであ・らいふ社」と同じ、第11森ビルで既に明け渡しを完了しています。
 現時点でのTC社の破産財団は優先債権で追われてしまい、消費税還付請求を行ってもメリットはなく、
一般債権への配当はできないとみられ廃止(管財業務を)せざるを得ない状況かと思われます。

(質疑応答)15:03
 Q1,嘉藤元代表のあいさつが全然ないので、何かを言ってください。
 A1,(嘉藤元代表)謝罪の言葉あり

 Q2,男性債権者) 先ほどの(破産管財人の)説明では一銭も戻らないという意味に聞こえるのですがどういうことなのでしょうか。
 A2、(破産管財人)現在の予想では、一般債権に対する支払いは見込めないということです。

 次回第二回期日は平成21年8月31日(月)14:30〜、本日と同じ場所(家簡地裁合同庁舎5階債権者集会室T)で行われます。
  (前の時間の 破産者株式会社あいであ・らいふ と一緒の時間です)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。