2009年06月10日

「投資向けマンション分譲事業」を開始 オリックス不動産2009年6月10日

●ジョイントコーポレーションの支援企業で話題だったオリックス、その系列会社のオリックス不動産が「投資向け」マンション分譲事業の開始を表明しています。
 ここで注目すべきところは「利回り」ということで、5.3%から5.7%ということをうたっています、あくまでも想定の話ですが。
 不動産投資だと10%以上ないとあまり旨みがないとも言われている中、このような利回りですので、それを買うためにローンを組んだりするともっと利回りが減り3%という値段になるのかもしれません。
恐らくこの話だと管理費用や修繕積立費用も含んだ利回りとも考えられますが、その辺はしっかりと確認の上の投資を試みたほうがいいと思います。

 

(以下参照)
「投資向けマンション分譲事業」を開始 オリックス不動産2009年6月10日
   
 オリックス不動産はこのほど、「投資向けマンション分譲事業」を開始すると発表した。

 新ブランドとして「クロスベル」シリーズを手掛け、第1弾として「クロスベル森下」(東京都江東区新大橋3−17−2、全45戸)の分譲を開始した。

 都営新宿線・都営大江戸線「森下」駅から徒歩3分の立地。5月1日から入居者を募集し、24日現在で45戸中43戸に申し込みがあった。販売価格は1,690万円から2,050万円で、想定利回りは5.3%から5.7%としている。
http://www.asahi.com/housing/jutaku-s/JSN200906100004.html
(2009/6/10/asahi.com 朝日新聞社)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。