2009年06月13日

不動産不正転売:マンション転売、横領の社長に実刑−−地裁判決 /大阪

●不動産の取引に関する事件です。内容をよく見ると、こういった不正な事をおこなえばすぐにバレルもののように見えますが、
 不動産の取引などは、一時的にでも「資金繰り」が特に大切なことになります。見せかけでも自分の資産だということを示すことができれば、
その場の資金繰りをしのぐことができることもかなりあります。したがって、資金繰りが苦しくなってくるとこのようなことが行われることも少なくありません。
 不動産を取引するときは、登記をしっかり確認することが常識的になっていますが、抵当権が設定されているとかそういう部分も細かく見ることが不動産をトラブルなく購入する
秘訣ともいえるでしょう。


 

(以下参照)
不動産不正転売:マンション転売、横領の社長に実刑−−地裁判決 /大阪
 大阪市淀川区の不動産会社「セトル」が、取引先の建築したマンションを無断で登記し転売したとされる事件で、業務上横領などの罪に問われた同社社長、山田啓介被告(51)に対し、大阪地裁(西田真基裁判官)は11日、「被害は重大で動機は身勝手」として懲役3年(求刑・懲役4年)の実刑判決を言い渡した。  判決によると、山田被告は別の不動産会社社長と共謀し昨年3月、中堅ゼネコンに建設工事を発注したマンションについて、工事代金(3億1500万円)を支払わないまま、所有権をセトル名義で登記、横領した。【牧野宏美】

http://mainichi.jp/area/osaka/news/20090613ddlk27040372000c.html
(2009/6/13/毎日.jp 毎日新聞)



posted by 管理人B at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産事件・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。