2009年06月14日

アルデプロ、最終赤字224億円 08年8月〜4月期

●以前去年の12月頃、東証マザーズの中古不動産投資のアルデプロが「継続の疑義」という財務内容を発表したことがあります。
 通常でしたら、その後に民事再生法の手続きにうつる可能性が高いものとなります。しかし、アルデプロは何とか持ちこたえているという
ような状態です。株式市場もそのようなことなのでアルデプロについては折込みずみのようなものと考えられます。
 なんとか他の不動産投資関連のためにも持ちこたえて欲しいものです。

(以下参照)
アルデプロ、最終赤字224億円 08年8月〜4月期
 不動産投資のアルデプロが12日発表した2008年8月〜09年4月期の連結決算は最終損益が224億円の赤字(前年同期は22億円の黒字)だった。不動産市況の冷え込みで保有不動産の売却が低調だった。不動産の仕入れ中止に伴う違約金などが発生し、特別損失126億円を計上した。売上高は前年同期比86%減の78億円だった。


  (6/13 7:00)
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/tegakari.aspx?site=MARKET&genre=c5&id=AT2D1201O%2012062009
(2009/6/13/NIKKEI NET 日経ネット)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。