2009年06月15日

REITの不動産取得急減 1〜6月の購入額8割減

●最近日経平均株価が8か月振りに1万円を超えたとのことですが、不動産にとっては、この金融危機の、発信源の一つであったために、やはり回復は他の業種より遅いともいえます。
当然、資金調達が難しくなっているわけですから、新規物件の購入は程遠い話になります。
 それに、今年になっても日本綜合地所やジョイントコーポレーションなどの大手企業が倒産するように、まだまだ不動産市場には懸念が生じているようです。
 他の評論のところなどでは、かなり警戒から、やや警戒と 不動産業種の投資に関してはやや警戒をゆるめているところもあり、最悪の状態は全体的に脱しているのではないかともいえます。
しかし、製造業でも品物の出荷が多くなりその後に雇用の増大となれば、全体的な景気の回復は見込めるものとみられています。


 

(以下参照)
REITの不動産取得急減 1〜6月の購入額8割減
 上場不動産投資信託(REIT)が物件の新規取得を見送っている。2009年上期(1〜6月)の購入額は、前年同期比8割減の約1290億円にとどまり、半期ベースではREIT市場が本格的に立ち上がった03年以降で最低となる。企業の資金調達は緩やかな改善の兆しが見られるが、金融危機の影響が強く残る不動産市場では購入資金の手当ては進んでいない。市況の本格回復は下期以降になりそうだ。  都市未来総合研究所の調べによると、上場REIT41銘柄が上期に取得または取得を予定している物件は24件、約1290億円。大幅に減った昨年下期(約2900億円、43物件)をさらに下回る。上期は日本ホテルファンドが広島のビジネスホテル取得を断念するなど取得中止が相次いだ。

  (6/15 16:22)
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hotnews.aspx?id=AS2D15001%2015062009
(2009/6/15/NIKKEI NET マネー)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2ちゃんねる 日本綜合地所
Excerpt: いかがですか?この情報はなかなかです!REITの不動産取得急減 1〜6月の購入額8割減 それに、今年になっても日本綜合地所やジョイントコーポレーションなどの大手企業が倒産するように、まだまだ不動産市..
Weblog: あなたに素敵な贈り物
Tracked: 2009-07-04 18:34
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。