2009年05月27日

元常務に猶予付き判決 インサイダーで埼玉地裁

●早くも株式会社プロデュース(民事再生手続き中)の刑事事件の判決がでました。
  この事件は本来上場できないのに、公認会計士を使って、粉飾決算を行ったうえで上場(ジャスダック)したことで、市場のルールを欺いたということで
証券取引法(現 金融商品取引法)違反ということで、当時の社長である佐藤英児被告人とその公認会計士・取締役が罪に問われている最中です。


 

(以下参照)
元常務に猶予付き判決 インサイダーで埼玉地裁
2009.5.27 14:11
 
このニュースのトピックス:刑事裁判
 新潟県長岡市の工作機械メーカー「プロデュース」の粉飾決算事件で、インサイダー取引をしたとして金融商品取引法違反の罪に問われた元常務、五十嵐幸男被告(54)に対し、さいたま地裁は27日、懲役3年(求刑懲役3年)、執行猶予4年、罰金500万円、追徴金7888万4000円の判決を言い渡した。  伝田喜久裁判官は「一般投資家を欺いて売り抜けた金額は高額で、経済の健全な発展をないがしろにした悪質な事案」と指摘したが「ストックオプション(自社株購入権)により保有していた株で、計画性はない」と執行猶予の理由を述べた。

 判決によると、五十嵐被告は昨年9月19日午前零時ごろ、同社が証券取引等監視委員会による強制調査を受けたことを社員から電話で知らされ、公になる前に同社の保有株236株を計7888万4000円で売った。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090527/trl0905271412006-n1.htm
(2009/5/27/MSN産経ニュース)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。