2009年06月30日

ゲインズ・アセット・マネジメントに6か月間の業務停止命令

● ゲインズ・アセット・マネジメント は ファンドを組成して資金を集めてそれを対象商品(酸素発生器のリース事業)に出資(会社からは貸付)してその利益を貰い、それを事務経費を差し引き出資者に配当するという、私募ファンド(匿名組合)です。
 この会社は東京都中央区銀座にあるとのことです。匿名組合は主に不動産ファンドとして利用されることが多いですが、機器のリースやアイドルの育成・風力発電など多岐にわたっての投資で、金融機関が介在する「間接金融」に対して
「直接金融」とも呼ばれます。
  匿名組合は5%〜10%の高い予想配当率を提示することがおおいのですが、その反面リスク(倒産や支払いがいじるしく遅れる、元本割れなど)も大きいため、やり方によっては
大きなトラブルに発展することもあります。かつてここで紹介した、あいであ・らいふグループ(東京都港区 自己破産)、バルチックシステム、平成電電(東京都渋谷区、自己破産)・L&G(円天、東京都新宿区)・ワールドオーシャンファーム・近未来通信なども社会問題にまで発展しています。
 また、不動産投資となるとビックカメラグループなども自社の不動産を売却してそこから借り受けるということでも税務上の大きな問題となっています。
 実際相当額が返還されないとなると、当然訴訟に発展する可能性は高いです。
 このように匿名組合は最近金融商品取引法によって、一色タンに監視する体制ができましたが、まだまだ不足な点も多く、投資する際には充分に気をつけて、余裕ある資金で投資することが大切です。

 
(以下参照)
ゲインズ・アセットに6か月間の業務停止命令
 関東財務局は26日、出資対象事業の運用実績がないのに、投資家への配当を続けるなどしたとして、ファンド運営会社「ゲインズ・アセット・マネジメント」(東京都中央区)に対し、金融商品取引法に基づき、6か月間の業務停止命令を出した。


 証券取引等監視委員会の行政処分勧告を受け、即日処分に踏み切った。

 監視委などによると、同社は昨年5月以降、酸素発生器のリース事業に出資するファンドを7種類作り、投資家から出資金を募集。しかし、同事業の売り上げが悪化し、同事業の管理会社から収益金が入らなくなったのに、投資家に年利回り10%前後の配当を続けた。募集に応じた投資家は265人に上り、うち7割以上が高齢者。監視委では、出資金計約7億円のうち、相当額が返還されない可能性があるとみている。

(2009年6月26日21時16分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090626-OYT1T00926.htm
(2009/6/26/読売新聞)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。