2009年07月05日

不動産業界に「追い出し行為防止を」声明 全国集会2009年7月5日18時37分

●家賃保証業界関係に新しい動きがあるようです。社会問題になってはいますが、その対応策が消費者金融や商工ローンと同じような怒りの矛先となっているような感じです。
 実際に日栄・商工ファンド対策全国弁護団というような容態の活動が行われるような気配もします。
  不動産投資が生活の糧となっているオーナーにとっては家賃保証会社は強い味方であり、借りても親族や親類に人的な保証を求めなくてもよいという最大の利点はありますが
 度が過ぎる取り立てがあるために法規制が近いと思われます。


 

(以下参照)
不動産業界に「追い出し行為防止を」声明 全国集会2009年7月5日18時37分
  
 家賃滞納者に強引に退去を迫る「追い出し屋」被害で、弁護士らでつくる支援団体「全国追い出し屋対策会議」は5日、福岡市で全国集会を開き、不動産業界に追い出し行為の防止を求める声明を採択した。集会では政府に家賃保証業や不動産管理業の法規制を求める意見が相次ぎ、借り主から被害者団体の設立の呼びかけがあった。  基調講演で、日弁連多重債務対策本部事務局長の新里宏二弁護士(仙台)は「家賃保証業者は貸金業法の規制強化で貸金業者から転業した業者が多い。追い出し屋はまさに『第2のサラ金』というべき社会問題だ」と指摘。近く首都圏の弁護団とともに自民党の政策議連に、刑事罰を盛り込んだ規制法案の説明を行うことを明らかにした。

 集会には宮城、埼玉、東京、名古屋、大阪、広島、福岡などの弁護士や司法書士ら約60人が参加した。保証業者から午前3時まで取り立てられる被害を受けた福岡市南区の男性(32)は「顔を数センチまで近づけ、乱暴な口調でまくし立てられた。恐怖で頭が真っ白になった」と実態を説明した。(室矢英樹、山本亮介)
http://www.asahi.com/national/update/0705/OSK200907050049.html
(2009/7/5/asahi.com 朝日新聞社)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。