2009年07月06日

品川駅から徒歩10分 激安タワーマンションのその後 (不動産購入)

●昨年激安タワーマンションで話題になったシティタワー品川ですが、どうやらその安さに賃貸や転売目的で買い入れをしている不動産投資・不動産賃貸会社がいるとの噂もたっています。
 実際 定期借地権とはいえそれでも安いのは東京都の裁量もありますが、この不動産不況の中今後の動向が見所です。


 

(以下参照)
品川駅から徒歩10分 激安タワーマンションのその後
2009/7/ 5                 
   東京・品川駅から徒歩10分、2LDK〜4LDKで最多価格帯3000万円台。超激安で騒がれたタワーマンション「シティタワー品川」。転売や賃貸用として購入してひと儲けしようという人が現れることを想定、いろいろ「条件」をつけたものの、住人の中には将来の転売を見越した不動産関係者もいるとのウワサがたえない。

あるはずのない「賃貸」があった!?
   「シティタワー品川」は、世界的な景気悪化で多くのマンション業者が販売不振にあえいでいる最中に登場した。ほとんどPRしなかったにもかかわらず、購入希望者が殺到して2008年9月に公開抽選会を実施。25階の3LDK+納戸・ウオークインクローゼット(114.27平米)の物件は最高倍率378倍をつけた。

   70年経ったら土地の持ち主である東京都に返す約束になっている「定期借地権付き」マンションとはいえ、採算を度外視した激安価格に、他の不動産業者も驚いた。発売前から転売や賃貸用として購入してひと儲けしようという人が現れることを想定、5年間必ず本人が住むことや法人の購入を認めないなどの「条件」をつけた。
   その後も何かと話題になっているようだ。
   「賃貸『シティタワー品川』3LDK(82.77平米)35万円・管理費2万円」――。インターネットを検索すると、この激安タワーマンションが、本来あるはずのない「賃貸」物件として出ている。
   東京都には、「賃貸とは、どういうことか」との投書が舞い込んだ。都が確認したところ、「分譲対象外の物件」だった。
   このマンションでは11戸の物件を、従来からの地権者用に用意し、等価交換していた。賃貸に出されていたのはこの物件で、「地権者が賃貸に出すのを止める権利はない」(東京都)という。
   そんなことで、まだ当初の「約束」を破るような住人はいないが、東京都は住民票を毎年提出してもらうなど、チェックは怠らないとしている。
   売り主の住友不動産も、「違反行為があれば、権利を剥奪し当社が買い戻すことになっています」と、厳しい。

品川界隈、3LDKで6000万円は下らない
   ただ、たとえ転売目的の不動産業者の関係者が住んでいるとしても、「法人でなければOKだし、転貸しすることなく5年間きちんと住まいとして使ってもらえれば問題ない」(東京都)という。

   東京都も住友不動産も、「(住人に関して)コメントできることはありません」と口をそろえる。
   あるマンション販売業者は当初から、「シティタワー品川はあくまで例外物件で、市場価格への影響はない」とみていた。別の不動産業者によると、「品川界隈のマンション相場はいま、築5年の3LDKでも6000万円は下らない」という。
   周辺マンションが値崩れを起こしたような気配はなく、現状の価格は2倍ほど違う。5年後、マンション相場がいまの半分にならない限り、転売すれば「間違いなく儲かる」というわけだ。
   こんな好機を、一般の人のみならず、不動産関係者が黙って見過すはずもない。PRもなしに購入希望者が殺到した背景には、不動産業界の関係者がいろいろな名義で申し込んだと見る向きがある。

http://www.j-cast.com/2009/07/05044499.html
(2009/7/5/J-CASTニュース)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。