2009年07月07日

「追い出し屋」被害で規制へ=家賃保証業務、許可制など想定−国交省 (不動産賃貸・不動産投資関連)

● 国土交通省は家賃保証業務んじ関して、許可制を想定するなどの法案を検討しているようです。
このことは実際には何年も前から、不動産及び不動産投資関連の家賃保証業務を行っている企業も含めて、「必要」もしくは「出来上がるでしょう」との意見もあったことから
今制定することについては時間の問題ともいえるかもしれません。


 

以下参照)
「追い出し屋」被害で規制へ=家賃保証業務、許可制など想定−国交省
 国土交通省は6日、賃貸住宅の入居者が家賃を滞納した際、一時的に肩代わりする「家賃債務保証業務」への規制を検討していることを明らかにした。同業務を手掛ける保証会社が滞納者に対し、強引に退去を迫る「追い出し屋」などの被害が続発しているため。業務を許可制にし、違法行為には業務停止といった行政処分を科すことなどを想定している。
 6日の社会資本整備審議会(国交相の諮問機関)専門部会で、国交省はこうした規制案を含む、民間賃貸住宅の課題に関する中間報告の素案を示した。専門部会は年内をめどに答申をまとめ、国交省が対策を講じる。(2009/07/06-18:42)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009070600742


【関連する記事】
posted by 管理人B at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。