2009年07月25日

伊藤忠系とパシフィック系Jリート合併協議

● ついにJ−REIT同士の合併が実現します。また唯一J-REITで経営破たんして民事再生手続き中の「ニューシティレジデンス投資法人投資証券」が大和ハウス関連のリートと合併交渉となりますが、
 社債で「民事再生手続き」に至った時は、かなりの債務の免除も余儀なくされているので、それによりニューシティレジデンス投資法人の投資主にどのような影響が出てくるかが期になるところです。
 


 

(以下参照)
伊藤忠系とパシフィック系Jリート合併協議
 伊藤忠商事系列のJリート(上場不動産投資信託)と、経営破綻(はたん)した不動産ファンド運営、パシフィックホールディングス(HD)傘下のJリートが合併する方向で協議に入ったことが25日、わかった。


 実現すれば、初のJリート同士の合併となる見通しだ。

 協議を始めたのは伊藤忠傘下の「アドバンス・レジデンス投資法人」とパシフィックHD傘下の「日本レジデンシャル投資法人」。日本レジデンシャルが行う第三者割当増資を伊藤忠側が引き受け、秋にもアドバンスと合併させる方向だ。
 両投資法人は賃貸マンションを保有し、家賃収入による利益を投資家に配当している。不動産市況の悪化で資金が調達しにくくなっており、規模拡大で資金調達力の強化を目指す。
 今月15日には、大和ハウス工業が自社系列のJリートと、民事再生手続き中のJリート、ニューシティ・レジデンス投資法人の合併に向けた交渉を進める意向を表明している。

(2009年7月25日20時41分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090725-OYT1T00728.htm
(2009/7/25/読売新聞)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。