2009年07月26日

東証2部への降格相次ぐ 不況で業績悪化

●ここのところ、東証1部の銘柄が経営不振などの理由から2部に降格となる企業がいくつかあるようです。
 実際基準から外れるから当然のことなのですが、このような監視を厳格にしないと投資家から東証へかなりのクレームになるということ
もあるようです。

 

(以下参照)
東証2部への降格相次ぐ 不況で業績悪化
2009.7.25 20:18
 

東京都中央区日本橋兜町の東証アローズ=平成21年2月23日(撮影・寺河内美奈) 東京証券取引所の1部上場企業から2部に指定替え(降格)を強いられる企業が増えている。金融危機による不況で、業績悪化企業が続出した影響だ。今年は4社が“2部落ち”の憂き目にあうなど、景気回復に時間がかかればさらに相次ぐ懸念もある。
 指定替えは証券取引所に上場する企業が所属する市場を移ることをいい、通常は2部から1部へ「昇格」するケースが多い。ただ、上場維持には一定の時価総額や財務の健全性が必要で、その基準に抵触すると移動を余儀なくされる。
 平成16年度から20年度までに1部から2部落ちした企業は7社だったが、今年4月に不動産投資ファンドのパシフィックホールディングス(HD)が、今月1日には不動産業のアトリウムが2部に移された。8月にも電気機器の島田理化工業とFDKも「降格」の予定。4社の移動理由は20年度末で債務超過に陥ったためだ。
 パシフィックHDの場合、傘下のリート(不動産投資信託)2社を軸に成長したものの、不動産市況の悪化で資金繰りに行き詰まり、3月に会社更生法の適用を申請して破綻。2部に降格し、1カ月余りで上場廃止に追い込まれた。アトリウムも親会社のクレディセゾンが完全子会社で再建に乗り出したが、今月28日、上場廃止の予定だ。

 2部から1部に復活する道もあるが、投資家の視線が厳しさを増す中、東証は企業への監視を強めざるを得なくなっている。
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090725/fnc0907252019011-n1.htm
(2009/7/25/MSN産経ニュース)



posted by 管理人B at 04:44| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 株式市場・金融商品市場の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■■永作博美 【編.集.前の.濡.れ.場.シー.ンがネットで流..出?!】


永作博美の動.画.や画.像.って…
実は今まで流..出したことってほとんどなかったんですよね。
ま~今までにもセ.ク.シ.ーな姿はたっぷり披露してくれてますがね♪



でも今回.流..出しているのはこんなものではありません!!!

ファンなら誰もが知っている「あのシ.ー.ン」をノ.ー.カ.ットで見ることが出来ます!



期.間.限.定の公.開・必.見ですっ!!
Posted by ■■永作博美 【編.集.前の.濡.れ.場.シー.ンがネットで流..出?!】 at 2009年07月27日 13:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。