2009年08月06日

家賃保証業適正化策、中間とりまとめで登録制などの案を提示 国交省2009年8月3日

● 家賃保証会社の規制案の進行状況になります。
貸金業と同じように、夜間の訪問・暴力的な取り立てや言動などはもちろんのことですが、規制がどこまで綿密になるのかが注目されるところです。
法律の成立まではまだまだ時間はかかるようです。
  


 

家賃保証業適正化策、中間とりまとめで登録制などの案を提示 国交省2009年8月3日
   
 国土交通省は7月31日、社会資本整備審議会・民間賃貸住宅部会を開き、家賃保証業務などの適正化策・案など提示した中間とりまとめを行った。家賃債務保証業の登録制や許可制、ガイドラインの作成にも言及しており、9月以降、引き続き議論を進め、年内をめどに具体策をまとめる方針だ。  中間とりまとめでは、家賃滞納や明け渡しに関して家賃債務保証をめぐる相談件数が増加していると言及。家賃債務保証業務の適正化を図る方策として、「家賃債務保証契約などに関する情報の提供」、「家賃の集金や家賃債務保証に係る求償権行使に当たってのガイドラインの策定」、「任意の登録制の導入」、「許可制の導入」などを挙げている。

 そのほか、賃貸契約紛争の防止策として、原状回復ガイドラインの具体化や標準契約書の見直しを提案。また、紛争解決策として専門の紛争処理機関の設置などを挙げている。
http://www.asahi.com/housing/jutaku-s/JSN200908030002.html
(2009/8/3/asahi.com 住宅新報社)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。