2009年08月28日

REIT支援の官民ファンド、9月5日に設立 不動産市況悪化防ぐ

● いよいよ不動産投資信託を支援する官民合作のファンドが9月5日に設立されます。
  これ以上不動産業界が悪化するとあらゆる面に景気の悪い影響が出てきます。
 ゆうなれば、旧大蔵省が銀行軍にたいしておこなった護送船団方式になります。
 今後の行方をみまもりたいです。

(以下参照)
REIT支援の官民ファンド、9月5日に設立 不動産市況悪化防ぐ
 不動産投資信託(REIT)の資金繰りを支援する官民ファンド「不動産市場安定化ファンド」が、9月5日に設立されることが固まった。REITが発行した債券の償還資金を融資する。資金繰りが厳しいREITが保有物件を投げ売りし、不動産市況が悪化するのを防ぐ狙いがある。

 金融関係者、弁護士、国土交通省の幹部らが参加する検討委員会が27日、最終会合を開き、ファンドの設立日などを固めた。ファンドの規模は約4500億円。銀行からの借入金、日本政策投資銀行による劣後ローン、不動産会社などの出資金でまかなう。

 ファンドが融資するのは財務内容が健全なREIT。融資後の債務残高が総資産の65%以下であることなどを条件とする。モラルハザード(倫理の欠如)を避けるため、ファンドから融資を受ける際には自力での資金調達も義務づける。(00:36)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090827AT3S2700F27082009.html
(2009/8/27/nikkei ネット)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。