2009年08月24日

滞納保証業界の整備進むか

●滞納家賃保証会社は現在は100社にも上ります。大手の保証会社はまずレントゴー保証株式会社(株式会社リプラスから株式会社デジタルチェックに事業譲渡)、株式会社VESTA(旧称 平成21年7月より株式会社MAGねっとより名称変更 元株式会社SFCGの子会社)、日本セーフティ株式会社、日本賃貸保証株式会社、ナップ賃貸保証株式会社、賃貸あんしん保証株式会社(ライフカード系)、株式会社リクルートフォレントインシュア(リクルートの子会社)などがありNPO法人には特定非営利活動法人自立生活サポートセンターもやい(路上生活者等の連帯保証人の請負や最近では「年越し派遣村」の主催)、ほぼ保証内容や金額も類似しているところです。
現実に家賃保証をするには、契約者の母集団が多ければ多いほど安定した運営が可能です。いわゆる保険事業と同じです。したがって、大手でなければ運営が難しいということになるのかと思います。
 しかし今度のデータベース化が実現されると、体力のない中小の保証会社や連帯保証を引き受けていない管理会社もその事業に積極的に乗り出すことが可能となってきます。
賃借人が家を借りるときは必ず保証人を立てなければなりませんが、その保証人が賃借人の知り合いにするのか、それともこのような家賃保証会社を利用するのかということで、費用の支払いの有無が生じます。
 大抵保証会社を選ぶときは管理会社と契約している会社を選ばなくてはならないので、個人で保証会社を選べるという余地はあまりありません。
過去に利用している会社で滞納が多かったりすると、現在の収入がその賃借物件を借りる人の平均収入より多くても拒否される可能性がありますが、
 利用したことがない会社である場合はその履歴などがないため、平均的な収入や職業であれば審査もすんなり通る事が多いです。
それが、こんどの業界のデータベース化となると、利用する全ての保証会社にて対応することになりますから、過去に滞納を多く重ねる不良賃借人となった場合(ブラックリストに掲載)
された場合は、どの不動産会社に行っても拒否される可能性も高くなってきます。
 もっともこの制度で有利といえるのは小規模の保証会社や独自で賃貸保証を行うとする中小の管理会社であるのかもしれません。

 


 

■滞納保証業界の整備進むか


 賃貸住宅市場に広く普及する一方で、倒産、支払い遅延、「追い出し屋」報道など数々の問題が指摘されてきた滞納保証。ここにきて、業界の整備が一気に進む可能性が出てきた。朝日新聞の報道によると、(財)日本賃貸住宅管理協会(東京都千代田区)の賃貸保証制度協議会会員企業を中心に保証会社の協会を発足。協会会員会社が契約者の家賃支払い状況などを登録し、データベース化する構想があるという。なお、協会の設立時期およびデータベースの詳細について、日管協は一切コメントを発表していない。

 新聞報道の内容が否定的だったため強烈な印象を残したが、業界の反応はいたって前向きだ。
 保証契約者のデータベース化は一時見送るとの報道も出ている。賃貸保証制度協議会会員企業の一部から「適切に運営できるのか」との慎重論が出ているため。銀行、消費者金融、クレジットカード会社には信用情報機関が存在するが、住まいに関する権利はことさら重視されているため、過去の滞納履歴を理由に賃貸住宅への入居を拒否するケースがでてくることを危惧する声もある。
 しかし、滞納者の中には、倒産・リストラ等のやむにやまれぬ事情ではなく、家賃を支払う意思のない悪質な滞納者も存在している。悪質滞納者は物件を渡り歩いているともいわれ、保証会社側も「自社の情報だけでは悪質滞納者を排除しきれない」と頭を抱えていた。こうした状況の中、かねてから保証会社の中では滞納者情報の共有化を切望する声があった。
クリアする問題点が複数あるにせよ、滞納に苦しめられてきた管理会社や家主は好意的に受け止めている。いずれにせよ滞納保証業界が大きく変わる可能性が出てきたことは間違いない。(8月24日号)

http://zenchin.com/news09082401.html
(2009/8/24/週刊全国住宅新聞 zenchinドットコム)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 18:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。