2009年09月25日

ビックカメラ元会長が全面否認=虚偽記載課徴金で審判−金融庁

不動産の証券化によるビックカメラの本社ビル問題もあった中で、金融庁は虚偽記載と判断して審判が開始されたとのことです。
 以前ビックカメラは自社の本社ビルを一旦豊島企画という会長がつくったという会社に売却してそこからビックカメラが賃貸をされるという方式です。

不動産の証券化はよく問題になっているものですが、税金の対策などをできるような手段もありますが、そのルールに反すると
思わぬ落とし穴もあるので、この運用には充分にきをつけるべきだと思います。

(以下参照)

ビックカメラ元会長が全面否認=虚偽記載課徴金で審判−金融庁
 家電量販店大手「ビックカメラ」(東京都豊島区)の決算報告書に虚偽記載があることを知りながら同社株を売却したとして、証券取引等監視委員会に約1億2000万円の課徴金納付を勧告された新井隆二元同社会長に対する公開審判が25日、金融庁で開かれ、元会長側は虚偽の認識などを否認し、全面的に争う意向を示した。
 課徴金勧告の是非を争う審判は、大手食品メーカー「味の素」(中央区)社員のインサイダー取引問題に続き2例目。
 審判で監視委側は、ビックカメラが2002年に行った証券化による不動産売却は、会計処理上認められない方法だったと主張。5年後に買い戻した際、報告書に約49億円の特別利益を計上したのは虚偽記載に当たり、元会長もこれを認識していたとした。
 一方、元会長側は不動産の証券化は会計処理として問題ないと反論。虚偽記載の認識も否定した。(2009/09/25-18:56)
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009092500827
(2009/9/25/時事ドットコム)



posted by 管理人B at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産事件・犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。