2009年10月21日

アパマンショップ、第三者割当増資と新株予約権発行で約40億円調達 (レントゴー保証他第三者割当)

●アパマンショップホールディングスが第三者割当と新株予約権の発行をおこなったようです。
アパマンショップはタレントの上戸綾をイメージキャラクターにした戦略で、地元密着の不動産会社をフランチャイズ加盟することによって、実績を上げている不動産会社です。各店舗では「アパマンショップ」という看板を掲げているネットワークが強い部分と地元の不動産会社に強い独自の物件情報やその仲介がたやすく行える点にあるといえます。

 ところで、他に注目すべき点は、その第三者割当に筆頭されている先が「レントゴー保証株式会社」となっていることです。今まであまり大きなニュースもなかったのでこういった話もでてくる部分は、実力もつけてきているということになるのかと思います。リプラスによる影はあるものの、「手堅い」賃貸保証のインフラはそれでも健全に残っていたということもいえるのかもしれません。
 

アパマンショップ、第三者割当増資と新株予約権発行で約40億円調達
2009年 10月 20日 09:47 JST
 [東京 20日 ロイター] アパマンショップホールディングス(8889.OJ: 株価, 企業情報, レポート)は20日、第三者割当増資と新株予約権の発行により、約40億円を調達すると発表した。

 有利子負債を圧縮するとともに、今回の調達資金の一部を運転資金に充当する。今回はないが、新株式の発行登録における発行予定額50億円のうちの残額35億円に相当する資金調達の方法として、今期中の新株発行を引き続き検討しているという。
 第三者割当の発行価額は1株当たり4644円で、32万5984株を発行する。割当先はレントゴー保証(東京都新宿区)など。新株予約権の発行価額は予約権1個当たり2万4755円で、予約権総数は507個(1個につき1000株)。マイルストーン・キャピタル・マネジメント(東京都港区)などが割当予定先。

 希薄化は第三者割当増資で31.5%。新株予約権が全て行使された場合49.0%で、両方を合わせると最大80.6%になるという。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12022020091020
(2009/10/20ロイター)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。