2009年11月05日

破綻のロプロが債権者集会 「創業家の責任も追及」 

●ロプロの債権者集会も行われ、やはりSFCGと同じように創業者の責任にも言及されそうです。
実際にこのような企業のスポンサーとなるべき企業が出てくるのかどうかが注目されそうです。そうでない場合は「破産」となりその後の債権者の回収が一層困難になることは必至になるかと思われます。
過払い分の返還が重くのしかかったことはSFCGと同様であり社会的につぶされた企業という見方としてもできるのではないかと思います。

 


 

破綻のロプロが債権者集会 「創業家の責任も追及」 
2009.11.5 21:56
  今月2日に会社更生法の適用を申請して受理された商工ローン大手、ロプロ(旧日栄)の債権者説明会が5日、大阪市内で開かれた。説明会は非公開だったが、出席者によると、ロプロ側の申し立て代理人の弁護士は「時間の猶予は欲しいが、創業家の責任も追及したい」との考えを明らかにしたという。ロプロ側はスポンサーを探して再建を図る意向を表明しているが、関係者からは「破産は避けられないのではないか」との声が早くも上がっている。  ロプロによると出席者は62人。開催時間は2時間の予定だったが、約1時間で終了した。更生法適用申請から3日後の開催だったため、周知が十分でなかった面もあるようだ。6日には東京で開催される。
 説明会では、2日に常務から昇格した家田孝新社長が今回の経緯について陳謝。被害者弁護団からの創業家の責任を追及する質問に対し、ロプロ側の弁護士は前向きに対応する意向を示した。また、ロプロ側は利息制限法の上限を超える利息を完済した人にも同法に則って計算し直し、返還を請求できる債権者であることを連絡する措置をとる方針も明らかにした。

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091105/fnc0911052159015-n1.htm
(2009/11/5/MSN産経ニュース)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。