2009年11月17日

雇用保険:支給切れ、年末に23万人−−政府推計

● ここ最近の求人倍率も0.3倍という就職をしたくても就職はできない人ができない人が多いという現状となっています。
さらに悪いことにデフレが加速しているということです。これはスーパーマーケットなどで野菜や果物を見てもわかるとおり、手頃な安い値段になっていることが多いということからも実感いただけるかと思います。
 そのようなことになると企業は当然収益を上げることができないので、雇用の方の維持もむずかしくなるという負のスパイラルにおちこんでいるという悪い状態になっています。対策としては本当に難しいところですが、ばらまきや仕分けもいいですが、それよりは公共事業などのインフラを兼ねた大規模な不況脱出策がひつようなのではないのでしょうか。

 
 

雇用保険:支給切れ、年末に23万人−−政府推計
 年末の失業者対策を検討している政府の「貧困・困窮者支援チーム」(事務局長・湯浅誠内閣府参与)は16日、解雇などで職を失い、雇用保険の支給が切れた状態で年末を迎える人が約23万人に上るとの推計を公表した。チームは対策の根幹として、ハローワークで職探しと一緒に住まいの確保や生活保護の相談などができるワンストップ・サービスを検討している。30日のサービス試行には、全18の政令市など69自治体が参加するという。

 推計によると、解雇や雇い止めで職を失い、12月までに雇用保険の支給も切れる人は約39万人に上る。過去のデータでは、支給が終わってから1〜2カ月以内に再就職できる人が4割ほどいることから、最大約23万人が仕事も給付もない状態で年末を迎えるという。チームのこの日の会議では、ワンストップ・サービスの準備状況も報告された。住宅に関しては利用可能な雇用促進住宅が3万7088戸、公的賃貸住宅が4291戸あるという。【東海林智】

【関連記事】
雇用保険切れ:年末に23万人 貧困支援チーム推計
菅副総理:成長戦略年内にも策定 雇用など「4K」柱に
社説:連合 非正規労働の改善こそ
社説:雇用創出10万人 介護を希望の仕事に
緊急雇用対策:雇用創出、年度内に10万人
毎日新聞 2009年11月17日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091117ddm012040113000c.html


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。